自民党・河野太郎氏が「ヨット」に興味を持ったきっかけの本とは?

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(7月17日放送)では、2022年上半期の傑作選をまとめた。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

自由民主党・河野太郎氏が影響を受けた本

淵澤由樹(進行役):自由民主党・衆議院議員の河野太郎さんが、「子どものころに影響を受けた1冊の本」を教えてください。

河野:小学校のときの課題図書だった『ツバメ号とアマゾン号 』(著:アーサー・ランサム)ですね。児童向けの小説で、「これは面白い」と思い、アーサー・ランサム全集も全部読みました。子どもたちが湖で船やヨットに乗る話でした。それで私は中学生のとき、江の島のヨットスクールに通いました。また、富士ゼロックスに入社したときも、ヨット部に入っていました。

淵澤:河野太郎さんから、子育て中のママやパパへメッセージをお願いいたします。

河野:うちの子どもは男の子なのですが、先日ハイハイしていたかと思ったら、もう大学生になりまして、本当に早いです。子育ては大変なところもあると思いますけれど、あっという間に子どもは大人になって行きます。大変ですが、この時期はいましかないので、それを楽しんでいただきたい。「もっとこうすればよかった」と思うことも、私にはたくさんありますが(笑)。子育てをなるべく楽しんで、子どもとの時間を大事にできればと思います。

吉本新喜劇・山田花子氏から、子育て中の親御さんへメッセージ

淵澤:吉本新喜劇・山田花子さんは、「子どものころ好きだった1冊の本」はありますか?

山田:『14ひきのあさごはん』です。ねずみの家族を描いた絵本なのですが、ねずみの絵がとてもかわいいのです。

淵澤:山田花子さんから、子育て中のママやパパへメッセージをお願いいたします。

山田:子育ては本当に大変だと思います。仕事はいろいろな気晴らしができるけれど、子育ては家のなかで過ごす場合が多いから、すごく大変です。でも、子どもの「一言」で苦労がチャラになったり、いいこともたくさんあります。ぜひ頑張って欲しいです。

自由民主党・三原じゅん子氏から、子育て中の親御さんへメッセージ

淵澤:自由民主党・参議院議員の三原じゅん子さんから、子育て中のママやパパへメッセージをお願いいたします。

三原:子育てで悩んでいる方は、たくさんいらっしゃると思います。そういう方たちのために、まさに「こども家庭庁」をつくってくれているのが自見さんだと思います。一緒に力を合わせて、皆さんに向けて使い勝手がよくなるように尽力しますので、ぜひ期待していただきたいと思います。

関連記事(外部サイト)