粉薬飲むのが苦手。錠剤やカプセルにならないの? 医師が回答

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(4月11日放送)にて、薬に関する質問に医師が回答した。

 

番組宛に送られた質問メール『粉薬飲むのが苦手…錠剤やカプセルにならないの?』に対し、医師が回答した。

確かに粉薬は飲むのが苦手な方は多くいらっしゃいますね。飲み薬には色々な種類があり、患者さんの年齢や症状に合わせて処方されます。

錠剤もあるのに粉薬が処方されるのは、体内に素早く吸収するのでカプセルや錠剤に比べて早い効果が期待出来ます。また細かな量の加減が出来るので、体重や年齢に合わせた分量の調節がしやすくなります。最近は粉薬しかなかったものを、錠剤やカプセルに変えて作っている場合もありますので、薬局で粉薬は飲みにくい事を相談すると良いでしょう。

粉薬が苦手な方によく使われるのはオブラートですが、最近はゼリー状のオブラート風のものがあります。

また、粉薬を飲む時のポイントもお教えします。まずうがいをする時と同じ程度 口に水を含み、そのままうがいと同じ容量で上を向きます。のどの奥に溜まった水のところに粉薬を入れ、上を向いたまま水と薬を飲み込んでみてください。

粉薬にしても錠剤・カプセルにしても飲みにくい場合は是非薬剤師にご相談ください。

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

関連記事(外部サイト)