大分県の「だんご汁」 名前はだんごでも「丸い形」ではない?

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 大分県の郷土料理だんご汁のだんごは平たい麺状で形は丸形ではない。同様の料理だご汁も各地で形は異なる。
  • だんご汁のだんごとすいとんは共に小麦粉だが、だんごは練ってから寝かせて使用する。富山県の三日のだんご汁はもち米粉を使う。
  • だんごを用いた汁物は全国各地に存在し、材料や調理方法に地域差がある。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。11月10日放送分のテーマは「だんご汁」です。

※画像はイメージです

大分県の郷土料理に「だんご汁」という汁物があります。味噌仕立てで、小麦粉を練ってつくられた「だんご」が入っています。ただ、大分の「だんご汁」の場合は丸い形ではなく、平たい麺のような形をしています。

同じような汁物の1つに「だご汁」があります。「だご=だんご」であり、熊本県や佐賀県の郷土料理として知られています。同じ「だご」でも地域や家庭によって形が違い、佐賀県では、ちぎった「だご」が入ったものを「つんきりだご汁」と呼んでいるそうです。

これらの材料を考えると「すいとん」がイメージされますが、「すいとん」もだんご汁の「だんご」も小麦粉からつくられています。ただ、「すいとん」は練った状態でそのまま鍋に入れるのに対し、「だんご」は練ったあと、しばらく寝かせてから使うそうです。

あるいは形の違いがあったり、「すいとん」の場合はつくる際、小麦粉と一緒に片栗粉を入れることもあるのだとか。

さらに、富山県の郷土料理「三日のだんご汁」のように、小麦粉ではなく「もち米の粉」でつくられるものもあります。だんごを使った汁物は、他にも全国にたくさんあるそうです。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?