「I Love New York」のロゴが作られた経緯とは?

アイ・ラブ・ニューヨーク-Wikipediaより

日本にTシャツが紹介されたのは1940年代で、『アメリカのカジュアルウェア』として紹介されました。その後、1956年(昭和31年)、石原慎太郎さん原作の映画『太陽の季節』をキッカケに、サングラスにTシャツというファションが、当時の若者たちの間で流行しました。

1960年代になって、Tシャツはジーンズとともに“反社会的な考え”をポリシーとする若者たちのファッションとして、支持されるようになりました。その後、一般にも広まったとされています。

1960年代のアメリカでは、企業のロゴなどをプリントしたTシャツが広告用として使われるようになりました。アメリカ大統領選では、Tシャツが初めて選挙運動に使われています。

その後もTシャツは政府や企業、個人からのメッセージを伝えるアイテムとなっています。その代表的な例が『アイ・ラブ・ニューヨーク』のロゴが入ったTシャツです。『I』の右隣に『真っ赤なハート』、その下に『N』『Y』とプリントされたTシャツです。

これは1970年代、まだ治安が良くなかったニューヨークのイメージを改めるために、グラフィックデザイナーのミルトン・グレイザーさんが制作したロゴです。このロゴが入ったTシャツは、アメリカの象徴的な存在になっています。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

関連記事(外部サイト)