保冷剤を捨てる際に気を付けておきたいこと


小さなお子さんやペットが、うっかり保冷剤を食べてしまうケースが絶えないそうです。現在、国内で作られている保冷剤は、基本的には人体や環境に害のない原料からできていますが、食べてしまった場合は中毒症状を起こす可能性もあるそうです。

原因は『エチレングリコール』という成分で、体内に吸収されることで中毒症状を起こすそうです。現在では『エチレングリコール』を使っていない保冷剤が大半を占めているそうですが、古い保冷剤や、保冷剤の種類によっては使われていることがありますので、成分をぜひご確認ください。

『エチレングリコール』は、体内に吸収されない限りは特に問題ないそうですが、『エチレングリコール』を使っている・いないに関わらず、保冷剤をうっかり口に入れてしまった場合は、すぐにお医者さんに相談するのが良いそうです。

そして、“使わなくなった保冷剤の捨て方”です。基本的には、紙オムツと同じように燃えるゴミ、『可燃ごみ』に分類されます。「基本的には」というのは、例外もあるからです。

保冷剤の場合、98%が水分ですので、ゴミを処理する焼却炉の温度が下がってしまう…といった理由から、『不燃ごみ』に分類している所もあるそうです。このように、お住いの地域によって判断が異なりますので、保冷剤を捨てる際はご確認くださいネ。

 

■杏樹の感想

私は使わなくなった保冷剤を、よく消臭剤として利用しています。他にもいろいろ使い道があるので、不要になった保冷剤をいただいて持って帰ることもあります(笑)。

私にとって保冷剤は生活必需品ですが、知らないことが多かったです。特に、湯せんして温めて使う…というのは知りませんでした。今年の冬はやってみたいと思います。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

関連記事(外部サイト)