山田涼介主演! すべての人の“記憶”に残るヒューマンラブストーリー

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第762回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

 

今回は、1月17日公開の『記憶屋 あなたを忘れない』をご紹介します。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

愛する人の記憶を取り戻す! “記憶”をめぐり交差する、それぞれの思いとは…

年上の恋人・杏子にプロポーズしてOKをもらい、大学生の遼一は幸せの絶頂にいた。しかし、その翌日から彼女と連絡が取れなくなってしまい、数日後に再会した杏子は、遼一との記憶だけを失っていた。

遼一は、“記憶屋”と呼ばれる、人の記憶を消せるという都市伝説的な存在を知り、幼なじみの真希や弁護士の高原と共に、彼女の記憶喪失の原因を探ることに。調査を進めるうちに、遼一は人々のなかにある忘れた記憶や、その奥にある“想い”に触れて行くが…。

シリーズ累計50万部を超える織守きょうやの小説が、待望の映画化となりました。2020年冬、すべての人の記憶に残る感動の物語が誕生です。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

主人公の吉森遼一を演じるのは、Hey! Say! JUMPの山田涼介。愛する人が自分だけの記憶を失ったという事実に戸惑いながらも、消えた記憶の真実に触れて行く…というキャラクターを、繊細に演じています。

“記憶屋探し”を手伝い、そばで遼一を支える幼なじみ・河合真希役は、若手実力派女優の芳根京子。さらに佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、田中泯、杉本哲太、泉里香、佐々木すみ江と、日本映画界には欠かせない唯一無二の存在が集結しました。

そして主題歌に選ばれたのは、中島みゆきが歌う「時代」。世代を超えて人々の“記憶”に残る名曲が、本作の持つ温かさや切なさを、くっきりと浮き彫りにしています。

忘れなければ1歩も前に進めないような辛い“記憶”もあれば、決して失いたくない宝物のような“記憶”もある。“記憶”にまつわる人々の想いに触れるたびに、涙があふれる本作。

愛する人のために、あなたは何ができますか? そんなふうに、観る者にも問いかけて来る感動作です。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

『記憶屋 あなたを忘れない』

2020年1月17日(金)から全国ロードショー
監督:平川雄一朗
原作:織守きょうや「記憶屋」(角川ホラー文庫刊)
脚本:鹿目けい子、平川雄一朗
音楽:高見優
主題歌:「時代」中島みゆき(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
出演:山田涼介、芳根京子、泉里香、櫻井淳子、戸田菜穂、ブラザートム、濱田龍臣、佐生雪、須藤理彩、杉本哲太、佐々木すみ江、田中泯、蓮佛美沙子、佐々木蔵之介
(C)2020「記憶屋」製作委員会
公式サイト https://kiokuya-movie.jp/

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

関連記事(外部サイト)