恋愛において“3ヵ月の法則”と言われるのはなぜ?

ニッポン放送「鈴木杏樹のいってらっしゃい」

『女性は恋をするとキレイになる』と言われるのは、恋愛初期の段階になると『フェニル・エチル・アミン』、略して『PEA』という物質が出されるためです。『PEA』は『ときめきホルモン』や『恋愛ホルモン』と呼ばれています。

『PEA』は恋愛初期の段階になると、男性も女性も出やすくなるそうです。ただし、男性の方が女性よりも出やすいとも言われています。そのため、男性の方が女性よりもひとめぼれしやすいのでは? と考えられています。

『PEA』が出続ける期間は、環境や個人差にもよりますが最短で3ヵ月、長くて2年〜3年だそうです。

恋愛には“付き合ってから3ヵ月で別れるカップルが多い”という、『3ヵ月の法則』というものがあるそうです。お付き合いを始めたばかりのころはお互いにときめいていたのが、3ヵ月を過ぎると冷めてしまって、別れてしまうケースが多いというものです。これは『PEA』が出続ける期間が大きく関係していると思われます。

『PEA』は恋愛初期の段階しか出されませんが、恋愛対象は必ずしも友達や先輩、後輩、仕事仲間といったように、自分と何かしらつながりのある人とは限らないそうです。例えば、好きな芸能人やスポーツ選手、マンガやゲームのキャラクターといった相手にときめくことでも、『PEA』は活性化されるそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

関連記事(外部サイト)