詐欺・悪質商法ジャーナリスト多田文明〜「簡単に儲かる」にクリックして55万円騙し取られた!

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、詐欺・悪質商法ジャーナリストの多田文明が出演。「簡単に儲かる」という悪徳商法の契約の仕組みについて語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは詐欺・悪質商法ジャーナリストの多田文明さんです。綺麗な女の人の詐欺現場に行かれたお話を伺いましたが、他にはどんなエピソードがありますか?

多田)インターネット上で、よく広告で「儲かります」という情報がときどき出ています。これには消費者庁から注意喚起がされていますが、「在宅スマホ副業で、7日で20万稼げる」などというものです。

黒木)「7日で20万」、飛びつきますね。

多田)あとは、「誰もがたった1分で1万の現金をらくらくゲットできる」というものもあります。

黒木)「1分で1万円」ゲットできるのですか?

多田)そう思いますでしょう? そこが上手いのです。だからみんな「何だろう?」と、ついクリックしてしまいます。

黒木)はい。

多田)そうすると、「この情報を知りたければ5000円出してください」というわけです。買わせるのです。

黒木)なるほど。実際に多田さんは、お金を払ってやってみたのですよね?

多田)はい。

黒木)どんなものでしたか?

多田)私が買ったものは、「地図を蛍光ペンで塗るだけで月35万稼げる」という内職でした。

黒木)いくらでしたか?

多田)たしか5000円や1万円でした。買ったら、内容はまったく意味のないものでした。

黒木)どのように?

多田)蛍光ペンで塗った地図を営業して売りなさいと言うのですが、「営業をしなさい」としか書いていないのですよ。

黒木)ええ?

多田)「小学校に営業に行けば買ってもらえるかも」という話とか。

黒木)でも、月数10万貰えると書いてあるわけでしょう?

多田)ええ。「もらえないではないか」と文句を言うと、「実践した人以外にはお金は返しません」と言って来ました。本当はダメなのですよ。

黒木)そうですよね。

多田)平気で嘘をついて、お金を出させようという手口がいままでにもありました。実はこれが進化しているのです。

黒木)ほう。

多田)以前はこうやってお金を出して、「全然儲からない内容ではないか!」と言って5000円、1万円をどぶに捨てる程度だったのですが、いまはもっとひどくなっています。「儲かります」という内容のものを、同じような業者から5000円で買ったのですよ。内容は、自分のブログに企業アンケートを載せると報酬がもらえるという話でした。そして情報が来ました。登録の仕方などの解説が10ページくらい書いてありました。

黒木)はい。

多田)こんなものが5000円もするのかと。その解説の最後まで行くと連絡先があって、「わからないところはこちらに聞いてください」とありました。わからないので、そこに連絡をしました。連絡をしたら、もうアウトなのです。

黒木)アウト?

多田)連絡すると、「お給料はどれくらいですか?」と聞かれます。例えば20万円くらいだと答えると、「ではもっと儲けたいですね?」と言って来るのです。そして「55万円を払えば、100万儲ける方法を教えます」と言うのです。私が「実は損した人がいるでしょう?」と聞いたら、「いいえ、1人もおりません」。

黒木)うん。

多田)こう断言するわけです。あなたを笑顔にする自信がありますと、うまいことを言って来るわけです。サポート体制は万全ですと。「ちょっと考えさせてください」と言えば、「いや、きょう決めましょう。もし儲からなかったら返金しますよ。お金を返しますから、やりましょう」と来るのです。1つ注意して欲しいのは、口約束でも契約は成立してしまうのです。私がそこで「はい」と言ったら、契約が成立してしまいます。

黒木)ほほう。

多田)契約書に書いたから契約成立ではないのです。こうした電話の業者は、口約束で「はい」と言わせたら契約成立となるから、一生懸命「はい」と言わせようとします。

黒木)「やりません」と言い続けなければならないのですね。

多田)おっしゃる通り。

黒木)あとは電話でおかしいなと思ったら、ガチャンと切ればいいのですか?

多田)そうです。ただ、日本人は電話が切れないのです。電話の切れない人が騙されます。

黒木)その説明書が来ても、「お問い合わせはこちらへ」という番号には電話をかけてはいけないと。

多田)そうですね。

ニッポン放送「あさナビ」

多田文明(ただ・ふみあき)/ 詐欺・悪質商法ジャーナリスト

■1965年、北海道旭川市出身。
■大学卒業後、ルポライターとして活動をはじめ、2週間に1度は勧誘されるという自らの経験を活かし、キャッチセールスの評論家に。
■実際にキャッチセールスや詐欺行為など怪しい勧誘について行き、その現場を経験。これまでに街頭からのキャッチセールス、アポイントメントセールスなどへの潜入は100ヵ所以上で、現在は詐欺・悪質商法、ネットを通じたサイドビジネスにも精通するジャーナリストとして活動。
■代表的な著書は『ついていったら、こうなった』『クリックしたら、こうなった』『なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?』などがある。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(11月20日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

関連記事(外部サイト)