テリー・ギリアム監督がようやく掴んだ“見果てぬ夢”

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第766回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

 

今回は、1月24日に公開された『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』をご紹介します。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

構想30年、頓挫9回…映画史に刻まれる“呪われた企画”が完成した!

『未来世紀ブラジル』『12モンキーズ』などで知られる鬼才テリー・ギリアム監督が30年間も挑み続けて来た、スペインの傑作古典「ドン・キホーテ」映画化プロジェクト。

ギリアム監督自身が「あまりにも長くこの企画に関わって来たので、完成する日は一生来ないのではないかと思っていた」とコメントするほど、その道のりは長く険しいものでした。

そんな積年の思いが結集された、夢と希望の物語『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』が、ついに! そう、ついに!! 日本でも公開となりました。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

「構想30年なんて大袈裟な…」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、本作は「映画史上最も呪われた企画」と呼ばれるほどの“いわく付き“の映画。莫大な製作資金を調達してクランクインしたものの、初日2日目に自然災害の被害を受けたかと思えば、俳優が腰痛で降板。さらには脚本の権利を保険会社に取られてしまったり…と、災難の連続。

やむなく撮影中止に追い込まれてしまったその悪夢のような一部始終は、『ロスト・イン・ラ・マンチャ』(2002年)というドキュメンタリー映画に収められているので、是非、本作と併せてご覧いただきたいところです。

私も18年前、『ロスト・イン・ラ・マンチャ』を鑑賞し、テリー・ギリアム監督の不憫さに胸を痛めたものでした。それ以来、ギリアム監督の名を耳にするたびに「あの“ドン・キホーテ企画”はどうなったのだろう…」と、気になっていました。それだけに、本作の完成、そして日本公開決定を知ったときは、「ついに、そのときが来た!」と、心が踊りました!

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

仕事への情熱を失ってしまった、若手CM監督のトビー。ある日、スペインの田舎での撮影中に、謎めいた男からDVDを渡される。それはトビーが学生時代に監督し、賞にも輝いた「ドン・キホーテを殺した男」という映画だった。舞台となった村が近くにあることを知ったトビーは、その地を訪れてみることに。

しかし、映画のせいで、村の人々はすっかり変わり果てていた。ドン・キホーテを演じた靴職人の老人は、自分は本物の騎士だと思い込み、清純な少女だったアンジェリカは「女優になる」と、村を飛び出してしまったのだ。

トビーをドン・キホーテの忠実な従者サンチョだと思い込んだ老人は、トビーを無理やり引き連れて、冒険の旅に出るが…。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

自らを“ドン・キホーテ”だと信じる男と、彼に巻き込まれてしまった若手監督の、夢とも現実ともつかない摩訶不思議なロードムービー。シュールながらもどこかほっこりと和む彼らの旅路を追ううちに、いつしかドン・キホーテがテリー・ギリアム監督そのものに見えて来る人も多いはず。

テリー・ギリアム監督は、本作の完成を受けて、このようにメッセージを残しています。

「分別のある人なら、何年も前に(この企画を)止めていたでしょう。でも、最後は夢を諦めない者が勝つのです!」

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

2020年1月24日(金)からTOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督・脚本・声の出演:テリー・ギリアム
脚本:トニー・グリゾーニ
製作:マリエラ・ベスイェフシ、ヘラルド・エレーロ、エイミー・ギリアム
出演:アダム・ドライバー、ジョナサン・プライス、ステラン・スカルスガルド、オルガ・キュリレンコ、ジョアナ・リベイロ、オスカル・ハエナダ、ジェイソン・ワトキンス、セルジ・ロペス、ロッシ・デ・パルマ、ホヴィク・ケウチケリアン、ジョルディ・モリャ
原題:THE MAN WHO KILLED DON QUIXOTE
(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mat? a Don Quijote A.I.E., Tornasol SLU
公式サイト http://donquixote-movie.jp

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

関連記事(外部サイト)