岡本真夜、大ヒット曲「TOMMOROW」誕生のキッカケとなった祖父の言葉

シンガーソングライターの岡本真夜が、2月10日(月)放送のニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」内のコーナー「ゲストとハッピー!」に生出演し、デビュー曲「TOMORROW」について語った。

1995年5月にリリースされた、岡本真夜のデビュー曲「TOMORROW」。90年代を代表するヒット曲になり、今なお人生の応援歌として聴き継がれるスタンダードナンバーになったが、その曲が誕生した背景には、ある人物からの言葉があったそうだ。

岡本:私は祖父母が親代わりになって育ててくれたんですが、地元・高知から高校を卒業して歌手を目指そうと上京する時に、祖父母が大反対して。でも結局、2人の反対を押し切って上京したんです。

垣花:親代わりに育ててくれた、おじいさんとおばあさんの反対を押し切るっていう、ある種の“頑固さ”みたいなものが岡本さんの中にあったんですね。意外です。

岡本:音楽に関してだけですけどね(笑)そしたら、1年ぐらい経った時に、祖父から手紙がきたんです。

垣花:どんな内容だったんですか?

岡本:「あなたの『一度決めたら曲げない』っていう性格は分かっているから、やるからには頑張りなさい」と言う内容でした。それで手紙の最後に「涙が多いのが人生だよ」って書かれていたんです。私が小さい時から祖父が苦労しているのを見てきたので、その言葉の意味はすぐに理解できました。だから「涙が多いのが人生だよ」っていう言葉がずっと心に残っていて、「TOMORROW」の「涙の数だけ強くなれるよ」っていう歌詞が生まれたのかなって思いますね。

垣花:この歌がヒットした時は、おじいさんの言葉から生まれたという話は伝えたんですか?

岡本:(祖父が)ライブに来ていた時に、曲の合間のMCでこのエピソードを話しました。でもその件については、そのあと触れることはありませんでしたね。

垣花:僕がおじいさんだったら『印税の一部くれ!』って言うかも(笑)

その後、「TOMORROW」は200万枚のヒットを記録し、デビュー曲ながら岡本の代表曲となった。ところが、岡本は大ヒットした事で、少し複雑な思いもあったという。

岡本:別に嫌いになったわけではなくて、自分自身バラードが大好きで。「TOMORROW」も最初に作ったときは、もっとゆったりした、ミディアムテンポのバラードだったんです。でも、ドラマの主題歌になったことで、『もっと元気なアップテンポの曲にしてほしい』と言われてああいう形になったんです。だから「自分のバラードを認めて欲しい」という思いが当時、ずっとあったんです。

垣花:本来は「TOMORROW」もバラードで歌いたいっていう気持ちがあったんですね。

岡本:それから、三枚目のシングルで「Alone」っていうバラードの曲を出して。しばらくお客さんの反応を見た時に「ようやくアーティストとして認められたな」って思えました。

大ヒット曲「TOMORROW」の制作秘話から、ヒットした故の葛藤も吐露した岡本真夜。今年、デビュー25周年を迎え、1月にリリースした最新シングル「旅人よ」や、ビュー25周年記念コンサート「岡本真夜 25th ANNIVERSARY Concert 2020 〜thanks a million〜」が5月24日に東京・東京国際フォーラム ホールCで開催されるなど、ますます精力的に活動する彼女の動向に注目したい。

関連記事(外部サイト)