松阪駅「元祖特撰牛肉弁当(鳥羽のキハ5828)」(1500円)〜家から1歩も出ずに旅気分! 駅弁の通信販売!!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

キハ75形気動車・快速「みえ」、関西本線・八田〜春田間(2019年撮影)

名古屋と伊勢、鳥羽を結ぶ、JRの快速列車「みえ」。
途中、関西本線・伊勢鉄道・紀勢本線・参宮線を経由して、桑名、四日市、鈴鹿、津、松阪、多気、伊勢市、二見浦、鳥羽の順に停車します。
(一部列車は、参宮線内各駅停車、伊勢市止まりもあり)
『せめて一生に一度はお伊勢さん』と言われますが、いまはじっと我慢のときです。

元祖特撰牛肉弁当(鳥羽のキハ5828)

キハ75形気動車の登場以前、国鉄時代から紀勢本線・参宮線などで活躍していたのが、全国の急行列車などでおなじみだったキハ58・28形気動車。
参宮線では、関西〜伊勢間の「修学旅行列車」として多くの学生を乗せていたと言います。
このキハ58・28が参宮線を走る風景を掛け紙としたのが、松阪駅弁「新竹商店」のロングセラー「元祖特撰牛肉弁当(鳥羽のキハ5828)」(1500円)です。

新竹商店のウェブサイト(通信販売)

「元祖特撰牛肉弁当」には、「通常の包装」の他、平成22(2010)年から販売されている、松阪周辺の鉄道写真を使った「鉄道掛け紙シリーズ」があります。
第26作に当たる、この「鳥羽のキハ5828」は、2019年12月に登場した最新作。
こちらの「元祖特撰牛肉弁当」も、「新竹商店」の「通信販売」で購入したものです。
Webでは通常版を注文、通信欄で限定版の有無を問い合わせ、ご対応いただきました。

クール便で届いた新竹商店の駅弁

「新竹商店」の通信販売では、3〜10月の間、駅弁はクール便で届きます。
電子レンジで温める際は、『ご飯と牛肉を、別々に温める』のがポイント。
ご飯は1人前につき「1分半〜2分」、牛肉は1人前につき「10〜15秒」。
せっかくの黒毛和牛をやわらかくいただくには、ひと手間掛けるのがお薦めです。
もちろん、こちらの注意書きも同封されていますので、よく読んでおきましょう。

元祖特撰牛肉弁当(鳥羽のキハ5828)

【おしながき】
・白飯(三重県産コシヒカリ)
・黒毛和牛ステーキ風
・ポテトフライ
・かまぼこ
・ごぼう
・れんこん
・昆布しぐれ煮
・香の物

元祖特撰牛肉弁当

昭和34(1959)年7月15日の紀勢本線全通を記念して生まれた「元祖特撰牛肉弁当」。
メインの牛肉は、松阪市の「丸中本店」から仕入れた脂分の少ない国産黒毛和牛の内ももの赤身を、醤油を合わせた赤ワインにくぐらせて、オーブンで網焼きにしているそう。
この網焼きにされた牛肉を、醤油ベースの秘伝のたれにからめています。
通販して自宅でいただくと、旅先以上に、牛肉そのものの美味しさを楽しめますね!

キハ85系気動車・特急「南紀」、紀勢本線・伊勢柏崎駅(2019年撮影)

いま、できることは、とにかく「家から出ない」こと。
そのなかで、いろいろな「面白いこと」「楽しいこと」を作っていくのが、頭の使いどころです。
我が家から1歩も出ずに、昔辿ったあの鉄路を思い浮かべたり、旅の写真を整理しながら、「通信販売の駅弁」をいただけば、チョットだけ楽しみがアップしますよね。
大変なときでも、「駅弁」はアナタのそばにいます。

関連記事(外部サイト)