「なぜ景色や花は美しく見える?」眼科医会会長が幼少期に抱いた疑問

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(4月12日放送)に、日本眼科医会会長の白根雅子が出演。自身の子供のころの話を語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):子供のころ、音楽を勉強されていたそうですね?

白根:小さいころからピアノを習っておりまして、中学校に入ってからはピアノを続けながら、学校でオーケストラクラブに入って、バイオリンを楽しく演奏していました。

淵澤:将来、音楽の道へとは思わなかったのですか?

白根:高校2年生の途中までは、音楽大学を目指して勉強していました。でも周りを見渡すと、「ずいぶん才能のある方がいらっしゃるな」と感じて、音楽は楽しみに取っておく方がいいかなと、進路を変更しました。

淵澤:お医者さんを目指したきっかけは?

白根:子供のときから自然科学に関心がありました。学校の先生に「理科系が向いているんじゃないか?」とアドバイスをいただきまして。

淵澤:お医者さんのなかでも、「眼科医」に興味を持たれた理由は?

白根:私は音楽も好きだったのですが、絵も好きで描いていました。絵を描くときは対象物を見るわけですね。景色だったり、自然の花だったりといろいろありますが、それがとても美しいのです。「どうしてこんなに美しく見えるのだろう?」と不思議に思い、また学生時代に眼科の授業を受け、とても神秘的だと感じたので眼科医を選びました。

淵澤:なるほど。この番組では、子供のころに出会った1冊の本についてお伺いしています。

白根:「ナルニア国物語」シリーズです。全7巻あるのですが、何回も読み直しました。いま読んでも面白いと思います。

淵澤:それで空想力などが培われたのですか?

白根:自覚はありませんが、枠にとらわれないという考え方は学んだかも知れません。

関連記事(外部サイト)