ステイホーム週間は、自宅で「長澤まさみ祭」だっ!

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第821回】

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

映画やドラマ、CMなどで見かけるたびに、その明るい笑顔に釘付けになってしまう女優・長澤まさみ。男性だけでなく女性をも魅了する、人気女優のひとりです。

デビュー以降、清純派女優のイメージが強かった彼女ですが、最近ではコメディエンヌとしての才能も発揮。爽やかな魅力をキープしながらも、女優として変化し続けています。

そこで今回は、長澤まさみの出演作を4作品ご紹介します。

※写真はAmazonより

清純派からコメディエンヌへ…常に変化し続ける女優の輝き

全国の高等専門学校の学生たちが、テーマに沿って一定条件を満たすロボットを開発し、フィールド内でトーナメント形式でバトルさせる。「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト」通称“高専ロボコン”をテーマにした映画『ロボコン』。

居残り授業を免れたい一心で第2ロボット部に仮入部した長澤まさみ演じる主人公・里美が、落ちこぼれ部員たちとともに全国大会にチャレンジする青春エンタテインメントです。

公開当時は、スクリーンで輝きを放つ長澤まさみの姿に「こんな可愛い子が世の中にいるとは…」と、ハートを撃ち抜かれた男子が多かったものですが、その輝きはいま見ても変わらず。

人を惹きつけて離さない天性の才能。このころからすでに、大物女優の片鱗を見せていたとも言えるでしょう。長澤まさみの記念すべき映画初主演作であると同時に、青春映画の隠れた名作です。

※写真はAmazonより

人気劇作家・上田誠(ヨーロッパ企画)と本広克行監督がタッグを組んだ『曲がれ!スプーン』。エスパー探しの旅をする超常現象バラエティーの番組ADを務める女の子が、本物のエスパーたちと出会い、やがて大騒動に発展するコメディです。

長澤まさみが演じたのは、ちょっぴりドジな番組AD・桜井米(ヨネ)。本気で超能力の存在を信じている、天然ちゃんでドジっ子なキャラクターを魅力的に表現しています。

ヨネちゃんと超能力者だとバレてはいけないエスパーたちのやり取りに、抱腹絶倒必至。ラストは心がほっこりと温まる、チャーミングな作品です。

※写真はAmazonより

原作者・久保ミツロウ自らが書き下ろした完全オリジナルストーリーで映画化された『モテキ』。

主人公の悩める草食系男子が、ある日突然訪れた“モテキ”に翻弄されながら、女性たちとの恋愛を通して成長したりしなかったりする様をコメディタッチで描いた、超進化系?! 恋愛エンターテインメントです。

さまざまなタイプの女性が登場する本作で、主人公の大本命・松尾みゆきに扮した長澤まさみの可愛らしさは最強! それまでは清純派のイメージが強かった彼女にコケティッシュな魅力も加わり、女優としての幅がさらに広がった作品として位置付けられるでしょう。

※写真はAmazonより

長澤まさみのコメディエンヌぶりが炸裂し、大ヒットを記録したドラマ「コンフィデンスマンJP」。

2018年に連続ドラマとして“月9”枠で放送されて、数々のドラマアウォードで主演女優賞などを獲得。その後、2019年に映画『コンフィデンスマンJP−ロマンス編−』が公開され、さらに映画の後日談となるスペシャルドラマ「運勢編」も2019年5月18日にオンエアされ、その度に大きな話題を呼びました。

信用詐欺師の主人公・ダー子は、長澤まさみの当たり役! 彼女の振り切った演技もさることながら、キャビンアテンダントやセレブな中国人バイヤー、外科医などに“七変化”する姿も、作品の見どころとなっています。

そんな人気シリーズの劇場最新作『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は、新型コロナウイルスの影響を鑑みて、残念ながら公開延期。4月27日からフジテレビ系にて放送がスタートした「コンフィデンスマンJP 傑作選」で、ダー子ワールドを楽しんでいる方も多いことでしょう。

次回、5月4日はスポーツ編。映画『プリンセス編』の貴重映像第2弾にも期待が高まるところ。新作を心待ちにしていた人も新たな公開日に備えて、自宅でたっぷりと“復習”に興じてみては。

 

<作品情報>

■ロボコン(2003年公開)
DVDリリース デジタル配信中
監督・脚本:古厩智之
出演:長澤まさみ、小栗旬、伊藤淳史、塚本高史、鈴木一真、須藤理彩、うじきつよし、吉田日出子、荒川良々、平泉成、ASIMO〈HONDA〉(特別ゲスト出演)

■曲がれ!スプーン(2009年公開)
DVDリリース デジタル配信中
監督:本広克行
原作・脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
主題歌:YUKI「COSMIC BOX」
出演:長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、辻修、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎、寺島進、松重豊、甲本雅裕、三代目魚武濱田成夫、ユースケ・サンタマリア(友情出演)、平田満、木場勝己、永野宗典、佐々木蔵之介(友情出演)、本多力、升毅(友情出演)

■モテキ(2011年公開)
DVD&Blu-rayリリース デジタル配信中
監督・脚本:大根仁
原作:久保ミツロウ「モテキ」(講談社イブニングKC 刊)
オープニングテーマ:フジファブリック「夜明けのBEAT」
メインテーマ:女王蜂「デスコ」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
出演:森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、仲 里依紗、真木よう子、新井浩文、金子ノブアキ、リリー・フランキー

■コンフィデンスマンJP(THE CONFIDENCEMAN JP)
DVD&Blu-rayリリース FODにて全話配信中
脚本:古沢良太
音楽:fox capture plan
企画:成河広明
プロデュース:草ヶ谷大輔、古郡真也(FILM)
演出:田中亮、金井紘、三橋利行(FILM)
主題歌:Official髭男dism「ノーダウト」
出演:長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也 / 江口洋介、吉瀬美智子、石黒賢、佐野史郎、かたせ梨乃、内村光良、竜雷太、りょう、小池徹平、佐藤隆太
公式サイト:
ドラマ「コンフィデンスマンJP(THE CONFIDENCEMAN JP)」
https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/
映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』
https://confidenceman-movie.com/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

関連記事(外部サイト)

×