思わずハマってしまった人が続出! あなたはもう「愛の不時着」を見ましたか?

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第831回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、Netflixでロングヒットを記録しているドラマシリーズ「愛の不時着」をご紹介します。

Netflx「愛の不時着」

北朝鮮のイケメン将校と韓国の財閥令嬢、38度線を越えた禁断の愛の行方は…

いま、密かなブームを巻き起こしている、Netflxで独占配信中の韓国ドラマ「愛の不時着」。

2019年12月から韓国のケーブルテレビtvNで放送された本作は、局の最高視聴率を塗り替えるほどの大ヒットを記録。日本でも「韓国ドラマ史上最高!」「大号泣した!!」など大絶賛の声が多く、モデルの河北麻友子や桐谷美玲、テリー伊藤等をはじめとする芸能人までも虜にする勢い。

「韓国ドラマを1度も見たことがない」「どちらかと言えば、あまり好きではない」という人も、このドラマにはハマっている人が続出しています。

最近では映画『パラサイト 半地下の家族』のアカデミー賞4冠獲得が記憶に新しい韓国エンタメですが、本作がここまで支持される理由はどこにあるのでしょうか。

Netflx「愛の不時着」

現代版「ロミオとジュリエット」とも呼べる「愛の不時着」は、ロマコメ・ラブストーリー。

韓国・ソウルに住む財閥令嬢で、敏腕起業家のユン・セリ。ある日、パラグライダー中に思わぬ事故に巻き込まれ、軍事境界線を越えてしまい、何と北朝鮮に不時着する。

そこで出会ったのが、堅物の北朝鮮軍人リ・ジョンヒョク。ジョンヒョクは嘘をついて彼女をかくまいながら、セリを韓国に戻す方法を模索するが、2人は次第に惹かれあって行き…。

現代版「ロミオとジュリエット」とも呼べるロマコメ・ラブストーリーです。

Netflx「愛の不時着」

イケメンの北朝鮮将校リ・ジョンヒョクを演じるのは、ドラマ「私の名前はキム・サムスン」や「シークレット・ガーデン」で人気を博したヒョンビン。

腕は立つうえに料理もこなす。何事にも完璧かと思いきや、実は恋愛には不器用という男を熱演。その“最強ツンデレ演技”に、ハートをくすぐられる女性が後をたたないのも納得の一言です。

一方、韓国の財閥令嬢であり、自ら立ち上げたファッションブランドが大成功を収めている実業家ユン・セリには、映画『私の頭の中の消しゴム』や『四月の雪』などで人気のソン・イェジン。

華やかな人生を歩みながらも家族関係に悩み、孤独を抱える女性を表情豊かに演じています。

Netflx「愛の不時着」

ジョンヒョクの部下が実は韓国の人気ドラマ「天国の階段」の大ファンだというエピソードや、「冬のソナタ」を彷彿させるセリフが出て来るなど、随所に登場する韓国ドラマへのオマージュは、かつて韓流ドラマにハマっていた人にとっては嬉しい限り。

“北朝鮮のイケメン将校と韓国のお嬢様が恋をする”という「そんなアホな」とツッコミたくなる設定も、主人公たちが危機に陥ったり離れ離れになったり、家族間に軋轢があったり…という、いわゆる“韓国ドラマあるある”がふんだんに盛り込まれたストーリー展開も、まさに韓国ドラマの王道といったところです。

そして何よりも魅力的なのは、コメディ要素たっぷりで温かみのあるドラマだということ。それぞれの国の政治体制をも超えた、人間愛の大切さをあらゆる角度から描いていることこそ、本作が多くの人に愛される所以でしょう。

参考:徹底深掘り!『愛の不時着』を10倍楽しく見る方法

Netflx「愛の不時着」

Netflixオリジナルシリーズ「愛の不時着」

Netflixにて独占配信中
原作・制作:イ・ジョンヒョ、パク・ジウン
出演:ヒョンビン、ソン・イェジン、ソ・ジヘ、キム・ジョンヒョン、オ・マンソク、キム・ヨンミン、キム・ジョンナン、キム・ソニョン、ファン・ウスレ
原題:??? ???(英題:Crash Landing on You)
公式サイト https://www.netflix.com/jp/title/81159258

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

関連記事(外部サイト)