元ラグビー日本代表・廣瀬俊朗が考える「キャプテンの素質」とは

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(6月21日放送)に、リポビタンD公式アンバサダーであり、元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗が出演。自身の「キャプテン論」について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):これまでのラグビー人生のなかで、いちばん辛かった練習は何ですか?

廣瀬:日本代表になってからだと思います。とにかく練習がキツすぎて、ひたすら走って、コンタクトしてちょっと休んで、ラグビーをして。その繰り返しでカルチャーショックになりました。でも、試合になったら楽に感じました。試合よりもキツい練習をやっていたので、「これがトレーニングなんだ」とわかりました。

淵澤:廣瀬さんは34歳で引退されています。いちばん心に残っている試合はありますか?

廣瀬:僕は出場できなかったのですが、2015年のワールドカップ、イングランド大会。あのとき、日本が南アフリカに勝ったのですよね。日本は24年間、ワールドカップで勝ったことがなかったのです。しかも相手は世界ランキング3位、優勝2回の強豪南アフリカ。誰も勝つなんて思っていないなかでの勝利は、心に残っています。

淵澤:廣瀬さんは中学、高校、大学、社会人、日本代表とキャプテンを務められて来ました。キャプテンに必要な素質とは、何だと思われますか?

廣瀬:僕がキャプテンをやった理由は違うような気もしているのですが、「成長し続けたい」「みんなで楽しくやって行こう」という部分は大事にして来ました。

淵澤:キャプテンとリーダーの違いとは何でしょうか?

廣瀬:リーダーのなかにキャプテンがいる、僕はそんなイメージです。いちばん上にボスがいて、その下にキャプテンがいる。ボスが考えていることを上手に咀嚼しながら、「自分たちはどうやって行こう」ということをうまく考えるのがキャプテン。リーダーはもう少し上にいて、責任をもって大枠を決めないといけない人。そういう感じがします。

関連記事(外部サイト)