『もったいないキッチン』食品ロスを楽しくハッピーに解決しよう!

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第880回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、8月8日に公開された『もったいないキッチン』をご紹介します。

『もったいないキッチン』

日本全国“もったいないキッチン”の旅に出かけよう!

オーストリアの映画監督でフードアクティビストのダーヴィド・グロス氏が手がけた『もったいないキッチン』が、いよいよ日本公開。

食品ロス問題を楽しく解決しようと、ダーヴィド監督がキッチンカーで日本各地を旅する姿を描いたドキュメンタリー映画です。

『もったいないキッチン』

『もったいないキッチン』のあらすじ

世界で生産されている食料の3分の1は、食べられることなく破棄されている。日本でも年間643万トンの食料が廃棄されており、食品ロスの問題は世界トップクラス。

この状況を変えるため、オーストリアから日本にやって来たダーヴィド・グロス。旅のパートナーであるニキと共に、オリジナルキッチンカーで日本全国をめぐる旅に出ることに。

各地で出会った日本人シェフたちと協力し、捨てられる運命にある食べ物をおいしい料理に生まれ変わらせる“もったいないキッチン”を通じて、ダーヴィドは食品ロスを解決するヒントを見つけて行く……。

『もったいないキッチン』

『もったいないキッチン』のみどころ

“もったいない”という言葉は、元々は仏教思想に由来。無駄をなくすということだけでなく、命あるものに対する畏敬の念が込められています。

ダーヴィド・グロス監督は前作『0円キッチン』のプロモーションで来日した際に“もったいない”という言葉と出会い、そのユニークで多様性のある意味に魅了されたとのこと。それが、本作を制作するきっかけとなりました。

日本が大切にして来た“もったいない精神”に魅せられたダーヴィド監督の旅の行程は、福島から鹿児島まで4週間で1600km。コンビニや一般家庭に直撃し、捨てられてしまう食材を次々と救出、美味しい料理に変身させてしまう手腕の見事さには、ただただ驚かされるばかりです。

さらにネギ坊主まで丸ごと使う“もったいない料理”を披露するフレンチシェフや、野山で収穫した野草の天ぷらをふるまう82歳にして医者いらずのおばあちゃん、目隠しをして精進料理を食べる“暗闇レストラン”を開いてくれた住職さん……。

個性豊かな日本のシェフや生産者たちも魅力的。知っているようで知らなかった日本の食の奥深さに触れることができますよ。

『もったいないキッチン』

新型コロナウイルスの影響で、外出自粛やイベント中止などによる新たな食品ロスが発生している昨今。そんな時期だからこそ、食品ロスについて改めて考えてみるいい機会なのではないでしょうか。

変わりゆく未来を見つめながら、あなたもダーヴィド監督と一緒に旅してみてはいかが。

『もったいないキッチン』

<作品情報>

『もったいないキッチン Mottainai Kitchen』

2020年8月8日(土)からシネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
監督・脚本:ダーヴィド・グロス
プロデューサー:関根健次
出演:ダーヴィド・グロス、塚本ニキ、井出留美、橋巧一、高橋健太、涌井和広、青江覚峰、関藤竜也、伊藤洋彰、ソウダルア、天人純、岩元美智彦、白石長利、宮本憲枝、玉田直子、萩春朋、真珠まりこ、若杉友子、篠原祐太、後藤幸夫、辛嶋照美、渡邉格、たいら由以子、たかはしかよこ、Pア祐介、横田岳
日本語吹替版:斎藤工(ダーヴィド・グロス役)
エグゼクティブ・プロデューサー:松嶋啓介
撮影:ダニエル・サメール/追加撮影:久保田徹
編集:神保慶政/録音:小川武/音楽:高橋英明
技術アシスタント:木津剛/カラリスト:ダニエル・サメール
通訳:キニマンス塚本仁希
アシスタントプロデューサー:井上緑、岩切智実
主題歌:「Mottainai」OMG
制作・配給:ユナイテッドピープル
配給協力・宣伝:クレストインターナショナル
提供:クックパッド株式会社
(C)UNITED PEOPLE/ (C)Macky Kawana
公式サイト https://www.mottainai-kitchen.net/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

関連記事(外部サイト)