『きみの瞳が問いかけている』吉高由里子×横浜流星 五感を刺激するラブストーリー

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第922回】

『きみの瞳が問いかけている』

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、10月23日に公開された『きみの瞳(め)が問いかけている』をご紹介します。

『きみの瞳が問いかけている』

切なすぎる究極の愛に、涙があふれて止まらない!?

チャールズ・チャップリンの『街の灯』をモチーフにした韓国映画『ただ君だけ』を原案に、恋愛映画の名手・三木孝浩監督がメガホンを取った『きみの瞳が問いかけている』。

視力をなくした女と、夢を失った男。運命に翻弄される2人の、あまりにも切ない純愛ドラマが誕生しました。

『きみの瞳が問いかけている』

『きみの瞳が問いかけている』のあらすじ

不慮の事故で視力と家族を失った柏木明香里はある日、管理人の男性と間違えて篠崎塁という青年に話しかけてしまう。彼はかつてキックボクサーとして将来を有望視されていたが、いまでは日雇いのアルバイトをして暮らしていた。

周囲の人間に対して心を閉ざしている塁だったが、明るく屈託ない明香里とは次第に心を通わせるようになる。こうして、小さな勘違いから出会った2人は惹かれあい、ささやかながらも掛け替えのない幸せを手にすることに。

そんなある日、明香里は誰にも言わずにいた秘密を塁に明かす。その告白を聞いた塁は、自分だけが知るあまりにも残酷な運命の因果に気づいてしまう……。

『きみの瞳が問いかけている』

『きみの瞳が問いかけている』のみどころ

柏木明香里役には、確かな演技力が光る吉高由里子。本作では、目が不自由な女性という難役を、透明感あふれる魅力で演じきっています。

そして篠崎塁役は、エンタメ界に嵐を巻き起こし続けている横浜流星。世界大会で優勝したこともある空手経験を活かして、天才キックボクサー役に挑みました。

初共演となる2人を取り巻くキャストには、やべきょうすけ、田山涼成、奥野瑛太、般若、森矢カンナ、坂ノ上茜、町田啓太、風吹ジュンといった個性豊かなメンバーが勢ぞろい。

そして主題歌を担当するのは、世界で活躍するBTS。映画への主題歌提供は本作が初となり、完全書き下ろしの歌詞と切ないメロディーがストーリーとリンクし、映画の世界観を彩っています。

『きみの瞳が問いかけている』

目が不自由だからこそ、触れて感じる。目が合わせられないからこそ、言葉の力が重要になる。

純愛映画の秀作が多く公開されている2020年ですが、そのなかでも本作は観る者の五感を刺激するラブストーリーとも言えるのではないでしょうか。

この映画を通じて、人を愛すること、そして大切に想うことの愛おしさに触れてみて。

『きみの瞳が問いかけている』

<作品情報>

『きみの瞳(め)が問いかけている』

全国公開中
監督:三木孝浩
原案:映画『ただ君だけ』(Based on “Always”)
脚本:登米裕一
音楽:mio-sotido
主題歌:BTS「Your eyes tell」
出演:吉高由里子、横浜流星、やべきょうすけ、田山涼成、野間口徹、岡田義徳、奥野瑛太、般若、坂ノ上茜、森矢カンナ(友情出演)、町田啓太、風吹ジュン
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会
(C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
公式サイト https://gaga.ne.jp/kiminome/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

関連記事(外部サイト)