ベーカリープロデューサー・岸本拓也〜パン屋をつくるのは金儲けではなく、「人に喜んでもらいたい」から

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)にベーカリープロデューサーの岸本拓也が出演。パン屋をプロデュースする理由について語った。

岸本拓也

黒木)今週のゲストは食パンブームの仕掛け人、ベーカリープロデューサーの岸本拓也さんです。これまでおよそ250店舗のパン屋さんをプロデュースして大ヒットを続けている岸本さんですけれども、子どものころにお母さんと一緒に入ったベーカリーが忘れられないということです。

岸本)ベーカリーに入ったときのワクワク感が好きです。100円で買えるグルメというワクワク感もあります。これを自分なりに表現して、自分が小さいときに感じたワクワク感を表現できたらと思ったのが、プロデュースをしている理由ですかね。

黒木)最初は自らパン屋さんをオープンしたそうですね。横浜市港北区に。

岸本)「TOTSZEN BAKER’S KITCHEN(トツゼンベーカーズキッチン)」というパン屋さんを。

黒木)突然なのですね。

岸本)パン屋さんはワクワクするものなので、突然帰り道に楽しくなったとか、「突然」という言葉をどうしても使いたくて、ずっと工事しているのを隠していました。急にバンッとオープンさせたのです。センセーショナルに「トツゼンベーカーズキッチン」をつくったのです。2006年でだいぶ昔になりますけれど。

黒木)いかがでしたか?

岸本)いまもおかげさまで、たくさんのお客さんにお越しいただいています。町の方に必要とされていることを肌で感じるので、本当に嬉しく思っております。

黒木)これはプロデュースだけで、パンは、パン職人の方を呼んでということですか。

岸本)ホテルで仕事をしていたときの同僚にお願いしました。彼はいま店長という職でやってもらっています。

黒木)岸本さんが出版なさった『「考えた人すごいわ」を考えたすごい人』という本を読むと、いちばん最初に「金儲けをゴールにしてはいけない」と書いてあります。これを書かれたのはなぜですか?

岸本)お金を儲けたいということで仕事をするのならば、パン屋さんでなくてもいいのです。「人に喜んでもらいたい」という気持ちが、私のなかのゴールなのです。ここで利益率が少なくなっても、結果的に人に喜んでいただけたら、私はいいと思っています。利益はあとからついて来るので、金儲けのためにパン屋さんをしようと思うことはないですね。いま15年目なのですが、「地域の人に役立ちたい」という気持ちは変わりません。

黒木)それは、どんな企業家にも大事なことなのでしょうか?

岸本)たぶん大切なことだと思います。企業を運営する上で、ミッションは大事なことです。私たちはパン屋さんで町を元気に、たくさんの人を笑顔にしたいということでパン屋さんをやっているので、どんな経営者でも同じようなフィロソフィを持っていると思います。

黒木)他のお店のプロデュースをするようになったきっかけは何だったのですか?

岸本)岩手県の大槌町、東日本大震災で甚大な被害を受けたところで、とあるクライアントさんが「この町を盛り上げることをしたい」と大槌町民にヒアリングをした結果、「パン屋さんをつくって欲しい」という声が多かったのです。その際に私にオファーをいただいて携わりました。パン屋ができたとき、涙を流して喜んでもらい、本当に町の人に必要とされていると思ったときに、「毎日食べるパンの可能性って素晴らしいな」と感激しました。その感動は未だに忘れられません。

黒木)嬉しいですね。

岸本)開店の日に、小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで来ていただきました。焼き立ての香りで喜んでいただき、考え方が変わったベーカリーの1つです。いまも自分のなかではこれが自信になっています。

岸本拓也

岸本拓也(きしもと・たくや)/ベーカリープロデューサー

■昭和50年、横浜市生まれ。関西外国語大学外国語学部スペイン語学科卒。
■外資系ホテルを経て20代後半で独立。平成18年、横浜市にベーカリーカフェ「TOTSZEN BAKER’S KITCHEN(トツゼンベーカーズキッチン)」を開業。
■平成23から異業種のベーカリー開業を支援するコンサルティング業務を開始。平成25年、その業務を専門に請け負う会社「ジャパンベーカリーマーケティング」を設立。代表取締役社長に就任。これまでに約250店舗以上のパン屋さんを手掛ける。
■岸本さんがプロデュースするパン屋さんは味の豊かさはもちろん、店舗名・商品名がユニークで驚きの連続! 全国各地で行列ができるお店となっている。
「考えた人すごいわ」「これ半端ないって!」「パンダが笑ったら」「アゴが落ちた」「街がざわついた」「うん間違いないっ!」など。

関連記事(外部サイト)