11代目「体操のお兄さん」小林よしひさ 運動の原点はジャッキー・チェン?

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(1月10日放送)に、NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」で11代目「体操のお兄さん」を務めた、小林よしひさが出演。自身の幼少期について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):簡単にプロフィールをご紹介します。「よしお兄さん」こと小林よしひささんは、1981年、埼玉県のご出身。日本体育大学の助手を経て、NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」の11代目「体操のお兄さん」を2019年まで、歴代最長となる14年間、務められました。

自見はなこ:よしお兄さんの身体の俊敏さの原点は、幼稚園のときにお母様が見せてくれた映画がきっかけだったとか?

小林:土曜日の夜だったと思います。母から「そこに座ってこれを観なさい」と言われたのが、「スパルタンX」というジャッキー・チェンの映画でした。次の日から、遊びはジャッキー・チェンごっこになりましたね(笑)。

自見:そこから体を動かす喜びに触れたのですね。子供のころ、なりたかった職業は何でしたか?

小林:忍者でした。

自見:なるほど(笑)。忍者を職業として考えられたというのは、いいですね。

小林:でも、体操のお兄さんになってから忍者役ができました(笑)。

淵澤:私も観ておりました。

自見:この番組では、子供のころに出会った1冊の本についてお伺いしています。ぜひ影響を受けた1冊をお聞かせください。

小林:『ぐりとぐら』です。ホットケーキが出て来ますよね。食いしん坊だったので、あれが大好きでした。いつもあの絵を見ながら、お腹を鳴らしていました。

関連記事(外部サイト)