筋トレ民が「クレアチン」を摂取するメリットとは。管理栄養士が解説

筋トレ民が「クレアチン」を摂取するメリットとは。管理栄養士が解説

筋トレ民が「クレアチン」を摂取するメリットとは。管理栄養士が解説の画像

 短時間高強度のスポーツのエネルギー源となるクレアチン。アミノ酸の一種で、平均的な成人のカラダの中には80〜130gほど存在し、その約95%がリン酸と結合したクレアチンリン酸として骨格筋に蓄えられています。プロスポーツ選手やアスリートが注目し、運動パフォーマンス向上のエビデンスレベルが高いのも特徴です。

 クレアチンという栄養素は、筋トレ民にはどんな効果が期待できるのでしょうか? 管理栄養士で、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナーの河村玲子さんに伺いました。

クレアチンの作用と期待できる効果とは高強度の高いトレーニング時にエネルギーを素早く作り出す

 クレアチンリン酸は、筋収縮に必要なエネルギーのATP(アデノシン三リン酸)の再生に使われます。つまり、体内に十分なクレアチンが蓄積されていれば、無酸素運動など強度の高いトレーニング時にも素早くエネルギーを作り出すようにサポートしてくれるのです。

筋肉疲労を防ぐ、筋肉内に水分を貯留する

 また、運動中に生じる水素イオンや乳酸などの酸性物質を緩衝したり合成しにくくしたりすることで、疲労の原因ともなる筋肉が酸性に傾くことを防ぎます。さらにヒトのカラダにとって大切な水分を筋肉中に貯留する役割も果たします。

……続きをMELOSで読む

関連記事(外部サイト)