桜と書のアートイベント開催

桜と書のアートイベント開催

桜と書のアートイベント開催の画像

 東京で少しずつ桜の開花が進む中、日本橋では、桜と書道を融合させたアートイベントが行われています。

 音楽に合わせて黒いキャンバスの上にピンクや水色で描かれていく作品。筆をとるのは国内外で活躍する書家でアーティストの岡西佑奈さんです。力強く書き上げたのは「動」の1文字でした。岡西さんは作品作りを通じてプラスチックごみによる海洋汚染を防ぐ活動を行っています。今回は、桜と自らの書、そして般若心経を重ね合わせ思いを込めた1文字を書き上げました。岡西さんは「般若心経の真実の言葉を、桜が舞うように、桜吹雪のように描いて、その上に私たちが今必要な漢字1字「動」です。動いていくこと、行動していくこと、前に進んでいくこと、その動くという字を書かせていただきました」と話しました。

 この作品は3月25日まで、日本橋三井タワーで見ることができます。