自宅でアウトドア気分!「ベランダBBQ」をトラブルなく実践するためのアイデア2選

自宅でアウトドア気分!「ベランダBBQ」をトラブルなく実践するためのアイデア2選

自宅でアウトドア気分!「ベランダBBQ」をトラブルなく実践するためのアイデア2選

 最近は、自宅のベランダでパーティーやご飯を食べるのがトレンドになっているようです。そんな中、気持ちいい秋晴れの日などに、「ベランダBBQ」を始めてみるのもよさそうです。

 Instagramのハッシュタグ「♯ベランダbbq」を見ると、多くの人々が実践しています。でも、BBQは臭いが出るのが難点! もし、煙も一緒に隣の家へ向かっていってしまったら、相当迷惑ですよね。そうならないためにも、次のようなアイデアがありますよ。

■溶岩プレートを使う

 煙も出ず、臭いも防ぐには「溶岩プレート」を使う方法があります。中には、肉、野菜、魚介、キノコなど、食材の旨味と甘みを引気出してくれる溶岩プレートもあるようです。

■風向きをよく考える

 野外料理研究家の太田潤さんの著書「手軽でおいしい! 親子で楽しむ アウトドア料理」(PHP研究所刊)には、隣の民家に煙が向かってしまうとトラブルの元なので、できるだけ隣の民家に煙が行かないよう、風向きをチェックして、グリルなどを適宜移動させるということも必要だと書かれています。

 都市部でのBBQはちょっと気を使うところがありますが、配慮して楽しく実践している人も多いです。ちょっとしたアウトドア気分を味わえるので、ぜひ環境を見極めながらチャレンジしてみましょう。

関連記事(外部サイト)