名刺交換した相手の名前が読めないときってどうする?

名刺交換した相手の名前が読めないときってどうする?

名刺交換した相手の名前が読めないときってどうする?

 仕事で初めて会った人の名前が、読めない漢字だったときってどうしていますか?

 メールの場合なら調べて読み方を確認することはできますが、対面で名刺をもらったときにはそうもいきません。マナーとしては、「恐れ入りますが、お名前は何とお読みすればよろしいでしょうか?」と言うのが一般的です。

 マナー講師の金森たかこさん著、マナーコンサルタントの西出ひろ子さん監修の「入社1年目ビジネスマナーの教科書」(プレジデント社刊)によれば、その場で読み方を確認することは失礼には当たらないとのこと。逆に、そこで確認せず後から間違った呼び名で呼んでしまったり後から聞いたりするほうが失礼になることもあるそうですよ。

 また、知的アップロード組合の「できる新入社員になる 大人のビジネス会話術」(インプレス刊)によれば、珍しい名前で読み方が分からないときに、「変わった名前ですね」「おもしろい名前ですね」と言うのは厳禁とのこと。うっかりしてやりかねないので注意しましょう。

関連記事(外部サイト)