初詣よりもご利益が!?「年末詣」はいかが?

年末に神社にお詣りする「年末詣」「師走詣」は正月の初詣よりもご利益があるとも

記事まとめ

  • お正月といえば初詣が日本の風習として残っているが「年末詣」「師走詣」があるという
  • 年末に神社にお詣りするもので「初詣よりも願いが叶いやすい」という人もいるのだとか
  • 冬至を新年の始まりとしていたこともあり年末時にはパワーがあると考えられているよう

初詣よりもご利益が!?「年末詣」はいかが?

初詣よりもご利益が!?「年末詣」はいかが?

初詣よりもご利益が!?「年末詣」はいかが?

 お正月といえば、今でも初詣が日本の風習として残っていますが、実は「年末詣」「師走詣」があるのをご存知ですか? これは読んで字の如く、お正月ではなく年末に神社にお詣りするというもの。「初詣よりも願いが叶いやすい」という人もいるのだとか。

 日本古来の自然の暦では、日中の時間が長くなり始める冬至を新しい1年の始まりとしていたこともあり、年末時にはパワーがあると考えられているようです。また、年末の神社では、大掃除や新しいしめ縄飾りの準備など、1年の穢れを落とす儀式が多いので、29〜30日の深夜あたりが、一番神社がきれいで、神社にとっても邪魔にならないのかもしれません。

 さて、お詣りに行くと、「○○を叶えてください」と、お願いごとだけをしてしまいがちですが、まずは神様に、一年を無事に過ごせたことへの感謝の気持ちを伝えることが肝心です。そして、「自分は今年○○をしたいので、神様、どうぞ力を貸してください」と、自分も努力すると誓ったうえで神様にお願いごとをするとよいでしょう。

関連記事(外部サイト)