年越し蕎麦は太る!?糖質の少ないトッピングのススメ

年越し蕎麦は太る!?糖質の少ないトッピングのススメ

年越し蕎麦は太る!?糖質の少ないトッピングのススメ

 いよいよお正月! でも、年末からお正月にかけては美味しいものを食べ続けるため、とにかく太りやすい時期ですよね。その原因の一つに、糖質があります。実は年越し蕎麦も、トッピングによってはグンと糖質が上がることもあるようなんです。

 食のスタジオによる「カロリー&糖質量早分かりBOOK」(西東社刊)によると、糖質量はざる蕎麦で52.8g、かけ蕎麦で59.7gなんだとか。これにトッピング分を加えると、天ぷら蕎麦が66g、かき揚げ蕎麦が82.4g。揚げ物系はカロリーだけでなく、糖質にも注意が必要といえそうですね。

 逆に、年越し蕎麦にトッピングできそうな、糖質の少ないものもチェックしておきましょう。管理栄養士で料理研究家の本田祥子さんの著書「メタボ腹を克服して若返る糖質50%オフレシピ」(主婦の友社刊)では、料理にトッピングするとよい食材が多く紹介されています。

 例えば、のり0.5g(糖質0g)、乾燥ねぎ2.8g(糖質1.9g)、ちりめんじゃこ10g(糖質0g)、ザーサイ10g(糖質0g)など。これならそばにトッピングしても、罪悪感を感じなさそうです。

 年末太りにならないためにも、うまく糖質を抑えて新年を迎えたいものですね。

関連記事(外部サイト)