インフルエンザ予防に「紅茶」!?冬の健康を守る新習慣にティータイムを!

インフルエンザ予防に紅茶が効果的 三井農林の研究プロジェクトにより判明

記事まとめ

  • 三井農林の研究で、紅茶はインフルエンザウイルスを無力化する能力が高いことが判明
  • 緑茶・ココア・ショウガ・乳酸菌・ビタミンCで検証、紅茶が一番能力が高かったという
  • 生体内で感染力が復活することはなく、紅茶により発病を抑制できることも判明している

インフルエンザ予防に「紅茶」!?冬の健康を守る新習慣にティータイムを!

インフルエンザ予防に「紅茶」!?冬の健康を守る新習慣にティータイムを!

インフルエンザ予防に「紅茶」!?冬の健康を守る新習慣にティータイムを!

 お茶に含まれるカテキンに免疫力のアップ効果や殺菌作用があることは知っているけれど……「紅茶」がインフルエンザ予防に効果的だとご存知でしたか? 三井農林の研究プロジェクトが行なった「紅茶のインフルエンザウイルス感染阻止力の研究」の結果、紅茶はインフルエンザウイルスを無力化する能力が高いことが分かったそうです。

 同研究では、紅茶の他にも、緑茶・ココア・ショウガ・乳酸菌・ビタミンC(飲料)で検証。これらの飲料がインフルエンザウイルスを無力化(細胞への感染を阻止)する能力を比較した結果、紅茶は他の飲料に比べてその能力が高かったようです。

 また、紅茶にはポリフェノールが含まれていますが、これを豊富に含む飲み物について、インフルエンザウイルスを無力化させるのに必要な時間を比較したところ、ここでも紅茶は他の飲み物よりも短く、わずか15秒という結果に。生体内においても同様に無効化が働き、感染力が復活することはなく、発病を抑制できることも判明しているのだとか。ちなみに、カフェインレスの紅茶でも、インフルエンザウイルスを無力化する効果は変わらないことが確認されているそうです。

 インフルエンザ予防と同時に、冬はホットティーで内側から温めて代謝を高めましょう。カフェインが気になる小さな子どもや妊産婦さんは、カフェインレスの紅茶をチョイス。また、使い終わったティーバッグを活用した「紅茶うがい」を取り入れることで、より感染阻止率を高めることができるそうですよ。

 驚きの紅茶効果ですね。これほどの効果があるなら、冬の健康を守る新習慣として、「紅茶を飲む」時間を取り入れてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

関連記事(外部サイト)