食後のコーヒーに乳酸値を下げ、血糖値上昇を抑制する効果 1日3〜5杯が適量

記事まとめ

  • 谷口敦夫教授監修の本によると、食後のコーヒーは尿酸値を下げ、痛風を防ぐのだという
  • また、コーヒーは食後の血糖値上昇を抑制し、糖尿病予防の可能性があると報告
  • 食後や休憩時にブラックコーヒーを1日3〜5杯程度くらい飲むのが適量だそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております