外出自粛要請の影響で急増している“オンラインデート”のメリット

外出自粛要請の影響で急増している“オンラインデート”のメリット

外出自粛要請の影響で急増している“オンラインデート”のメリット

 新型コロナウイルスの感染予防のために外出は控えたい今、「オンラインデート」に注目が集まっています。

 マッチングエージェント社が2020年3月、マッチングアプリ『タップル誕生』を利用している男女985名に対して行ったアンケート調査では、半数以上の男女が外出自粛に伴いデート回数が減ったと回答していました。

 また、外出自粛前と比べると37.6%の男女が「以前よりもデートがしたい」と回答しており、外出できない状態が続くことでデートの需要が増していることが分かる結果になりました。ただ、オンラインでのデートは「恋愛に発展しづらそう(36.9%)」「デート向きではないと思う(20.5%)」という回答が上位になり、デートの完全な代替えにはならないと考えている人もいるようです。

 一方、前向きな意見として「わざわざ外出しなくてもいいので便利だと思う(12.5%)」「遠距離のお相手ともデートができて便利だと思う(10.7%)」「食事代などが掛からないので節約になると思う(10.4%)」などが挙がっており、場合よってはオンラインデートも役立ちそうですね。

 実は、オンラインで出会った2人は、関係の質が高く、別居率や離婚率が低い可能性があるということが、海外の研究で示されています。カップルにとっては、オンラインデートも有意義なツールであり、さまざまな事情の中で選択肢の一つといえるのかもしれません。

関連記事(外部サイト)