コロナ疲れをケアする“疲労回復”食材とは?

コロナ疲れをケアする“疲労回復”食材とは?

コロナ疲れをケアする“疲労回復”食材とは?

 梅雨が明けた今の時期は、これまでの長雨や暑さなど、疲れる要素が重なっていますよね。そんなとき、こんな疲労回復食材を試してみてはいかがでしょうか。

■梅

 梅はさっぱりとしていて、そうめんやうどんにも合います。きゅうりとの和えものなんかもいいですね。梅にはクエン酸やリンゴ酸などが多く含まれていて、疲労回復効果が期待できるといわれています。

■玉ねぎやニラ

 玉ねぎやニラなどの野菜には、「アリシン」という臭いのきつい成分が含まれていますが、これが疲労回復に効果があるといわれています。代謝を活発にしてくれるそうですよ。

■太刀魚(タチウオ)

 太刀魚は、内臓全体の働きを高めて疲労回復効果があるといわれています。とくに、胃腸の働きをよくしてくれることで、消化吸収が促されるのだとか。食欲がないときにもよいようです。

 これらの疲労回復食材を毎日の食事にうまく取り入れて、コロナ疲れをケアしましょう!

関連記事(外部サイト)