大きいものを持っているのはこんな人!カバンの種類別性格判断

大きいものを持っているのはこんな人!カバンの種類別性格判断

大きいものを持っているのはこんな人!カバンの種類別性格判断

 あなたの気になる人は、どんなカバンを持っていますか?

 精神科医のゆうきゆうさん監修「『なるほど!』とわかる マンガ見ための心理学」(西東社刊)によれば、どんなカバンやアクセサリー類を使っているかによって、性格やタイプが分かるのだそう。そこで、カバンの種類別による性格をみていきましょう。

■カバンの大きさ

 大きいカバンを持っている人は、心配性の傾向があるのだとか。もしものときに備えたい気持ちがあるため、大きいカバンになりやすいそうです。逆に、カバンが小さい人は最低限の荷物があればオーケーと思っています。もしくはファッションを重要視しているそうです。

■上部が空いているか空いていないか

 カバンには、上部が空いているものとフタ付きなどで上部が閉まっているものがあります。上部が開いているカバンの持ち主は、心がオープンでおおらかな人。一方、上部が閉じている人は自己防衛本能があり、あまり自分を出さない人といえるのだそうです。

■ポケットの数

 カバンによってポケットの数は違います。ポケットの多いカバンを持っている人は好奇心旺盛で、未知の世界を経験したい気持ちが強い人なんだとか。小分けポケットが多いカバンでそのポケットをフル活用する人は、几帳面で完璧主義の人によくみられるんだそうです。

 カバンなら、初対面でも何を持っているのかがよく分かります。もし気になる人がいるのであれば、チェックしてみるのもいいかもしれませんね。

関連記事(外部サイト)