在宅勤務で仕事が“はかどる”3つの知恵

在宅勤務で仕事が“はかどる”3つの知恵

在宅勤務で仕事が“はかどる”3つの知恵

 現在は在宅勤務も浸透してきているようですが、自宅で仕事をすると気が散る要素が多く、「なんだか集中しにくい……」なんてことがありますよね。そこで、在宅勤務を“はかどらせる”ための知恵を3つ紹介していきましょう。

■パーテーションを用意する

 家族と一緒に暮らしている場合、公私の区別がつきにくいところがあります。そんなとき、パーテーションを立てると、家族は「この人は今、仕事中」という認識を持ってくれるので、仕事がしやすいそうです。

■15分か25分ごとに休憩を入れる

 仕事中、ふと「そういえば冷蔵庫にあれ入れたかな?」など、仕事とは関係のないことを考えてしまうことがありますが、その休憩を“内的中断”というのだとか。研修トレーナーの伊庭正康さんによると、それを防ぐためには、休憩を意図的に15分か25分ごとに入れるといいそうです。

■駅の個室ワークスペースを利用する

 駅などに設置された個室型のボックスで仕事ができる、というビジネスモデルが増えているようです。事前に会員登録や予約をする必要があるようですが、もし仕事する場所に困っているのなら、そうしたスペースを活用してみるのもいいのではないでしょうか。

 これらの方法を試してみて、在宅勤務を“はかどらせ”ましょう。

関連記事(外部サイト)