新機能や新シナリオを実装! 『A列車で行こう はじまる観光計画』Steam版の発売日が決定

都市開発鉄道シミュレーション『A列車で行こう はじまる観光計画』が2021年12月8日(木)に発売決定。Steamストアページは公開中。ゲームブランド「DEGICA GAMES」から発売される。

リアルな街づくり体験ができる都市開発鉄道シミュレーション『A列車で行こう はじまる観光計画』

『A列車で行こう はじまる観光計画』は、鉄道会社の社長として街づくりを行う都市開発鉄道シミュレーション『A列車で行こう』シリーズの最新作。線路を敷き、インフラ整備を行い、たくさんの人を運ぶことで、街を活性化。子会社の経営やCMによるブランド力の向上で会社を成長させ、そこで得た利益でもっと街を拡大していく。

2021年3月にNintendo Switch用として発売された『A列車で行こう はじまる観光計画』はシリーズで初めて「観光」という要素を導入。寺院や遊園地などの観光地開発が行えるようになり、これまで通りのビルが立ち並ぶ都市型の発展はもちろん、古く美しい街並みのままに 観光都市を目指すなど、進化した新たな街づくりが可能になった。

自由に車両をつくれる「車両カスタマイズ」を搭載

「車両カスタマイズ」で、鉄道なら「通勤形」「近郊形」「特急形」「機関車」などの24種類から素体を選択してカラーリングだけでなく、ライト、スカート、パンタグラフといった装備のほか、ステッカーを使ったラッピングまであらゆる部分を自分好みのデザインにアレンジしてみよう。「車両カスタマイズ」は鉄道だけでなく、バスやトラックといった自動車でも可能だ。

本格的な会社経営も本格的

リアルな会社経営が体験できるのも同作の特徴。鉄道運営や子会社経営のほかにも、銀行で融資を受けたり、他社の株で株主優待を受けたりといったリアルな会社経営を体験できる。

頼りになる新しいスタッフと一緒に街づくり

個性溢れるスタッフが、それぞれの得意分野でプレイヤーをサポート。また、選択肢によって物語が変化。うまくコミュニケーションをとれれば、より絆が深まるかもしれない。

コンストラクションで自由な街づくりをいつまでも

資金を気にすることなく地形づくりから建物の配置まで思いのままに遊べるのが「コンストラクションモード」。つくった街を舞台にストーリーを付け加えて、オリジナルのシナリオをつくることも可能。オリジナルシナリオはオンラインでの共有も行える。自分の作ったシナリオを公開するのはもちろん、他のプレイヤーが作ったシナリオをダウンロードしてプレイすることも可能だ。

Steam版で『はじまるA列車』がパワーアップ

今回発売されるSteam版では、グラフィックがパワーアップ。「高解像度テクスチャ」をはじめ、より遠くに広がる遠景、水面の反射といった各種グラフィックオプションが拡充。さらに、運行できる車両の編成数や運営できる駅、子会社数の上限もアップし、PCならではの美麗で緻密な街並みが楽しめるようになっている。

また、「マウス」、「キーボード」、「コントローラー」、そして「タッチ」の4種類の操作に対応しており、自分にあったプレイスタイルを選択可能。

完全新規のシナリオ2本を追加収録

Steam版では、シナリオが追加になっている。Nintendo Switch版に収録された9本のシナリオに完全新規シナリオ2本が加わり、全11本のシナリオが収録されている。追加されたシナリオは次の2本だ。

「ヌッシーを探せ」

主路湖で目撃された怪しげな影が、「未確認生物では?」と話題に。地元では新たな観光資源として期待が寄せられているという。

「蘇る鉄道」

自家用車の普及によって、鉄道が失われてしまった島。鉄道を蘇らせるプロジェクトが動き出す。

待望の機能で街づくりを徹底サポート

また、Nintendo Switch版ユーザーから要望の多かった便利機能の追加も行われている。1つ目の便利機能は、任意の日時で早送りが停止される「ストップタイマー」。たとえ目を離していても、納税や株式配当などの期日を意識したプレイが行える。そして、もし失敗してしまっても「オートセーブ」された少し前のデータから再開可能。

また、列車が駅や車庫から発車する方角を指定できる「方角指定発車」で ダイヤの自由度もアップ。この他にもさまざまな便利機能が用意されているという。Steam版『A列車で行こう はじまる観光計画』の配信日は2021年12月8日。価格は6980円(税抜き)となっている。

Nintendo Switch版もアップデート

なお、Steam版発売後には、追加された要素の一部、および不具合修正などが反映されたアップデートがNintendo Switch版でも配信予定。アップデートの詳細については後日、アートディンク公式Twitterアカウントと『A列車で行こう はじまる観光計画』公式サイトで告知されるとのこと。

A列車で行こう はじまる観光計画|Nintendo Switch|アートディンク:
https://www.artdink.co.jp/japanese/title/a-tourism/[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)