ドラマ『未来世紀SHIBUYA』金子大地&醍醐虎汰朗インタビュー 2人の関係性に注目「とてもフリーダム」「本当の兄貴ができたと思った」

Huluオリジナルドラマ「未来世紀 SHIBUYA」(全6話)が配信中です。

物語の舞台は、15年後2036年のシブヤ。金子大地さんと醍醐虎汰朗さんが、「WeTuber」という動画配信者に扮し、デジタル化社会底辺を生きる若者に。日本のフェイクドキュメンタリーの第一人者であり、『不能犯』(18)『貞子 vs 伽椰子』(16)などを手がけてきた白石晃士監督がメガホンをとります。

金子さんと醍醐さんの2ショットインタビューを敢行。作品の見どころから、お2人の関係性についてなどお話を伺いました!

――本作大変楽しく拝見させていただきました。まずは、このドラマのオススメポイントを教えてください!

金子 今までに見たことのない僕らがいるので、そこは絶対に見ていただきたいです。あと、配信ということで構えずに観て頂けると思うので、YouTubeを見る感覚で楽しんで頂けたらと思います。そしてDiosの主題歌が最高なので是非!

醍醐 タイトルから話の内容を全く想像できない作品だと思うんですよ。なので、いち「WeTuber」として好きになってもらえたらいいのかなと思います。まず、一話を見て、面白いなと思ってもらえたら、そのまま観ていただければ嬉しいです!

――作品の中では「WeTuber」としてニコイチ感の強いお2人ですが、お会いした時の第一印象はいかがでしたか。

醍醐 この作品が初めてじゃなかったんですけど、がっつりお芝居したのは、これが初めてで。

金子 第一印象は、好青年というか、ものすごく爽やかな男の子だなと思いました。

――今回の共演を経て、気づいたところは?

金子 とてもフリーダムなんです。現場でも、なんの繕いもなく、その場にいてくれるので一緒にいて、すごく楽でしたね。

――醍醐さんは演じ方も、すごく自由なんですか?

金子 そうですね。いろんな引き出しがあるから自由に演じられるのかな、と。キメキメではなく、その場の雰囲気でお芝居をするんです。きっと頭が柔らかいんだろうなと思いました。そういう意味での自由さがすごく良いなと思いました。

醍醐 照れますね(笑)。

金子 照れるよね(笑)。

醍醐 僕は、(金子さんに対して)本当の兄貴ができたと思いました。

金子 あはは(笑)。

醍醐 兄貴と友達の間の人ができたなって思いました。すごく嬉しいです。僕、大地くんが好きなので。大地くんはこの役柄と違って、めちゃくちゃ男なんですよ。しかも不器用で。芝居に関しても、普段とは全く違うキャラクターなので、アプローチするのが、すごく難しかったと思います。そこを、これだけ落とし込める役者さんって、すごいなって思いました。

――白石監督は個性的な作品を撮ってらっしゃる監督さんで、本作もとてもユニークな内容となっています。この企画を聞いた時の印象はいかがですか?

金子 すごく面白そうだなと思いました。白石さんの作り出す世界観に、どっぷり浸かってみたかったので、挑戦したいなと思いました。スマホで撮影するのも新鮮でした。

醍醐 僕もスマホの撮影ってすごく興味がありました。あと、瞬間移動するって聞いて、ワクワクが止まらなかったです。瞬間移動だけは、どうしても人生で一回やってみたかったので嬉しかったです。

金子 ははは(笑)。

――これまでに白石監督の作品は、ご覧になったことがありましたか?

金子 「ある優しき殺人者の記録」が好きです。覆してくるというか、ぶっ壊してくるというか。最初に想像したのと違う展開になっていくのが素晴らしいなと。そこまで攻める監督って、なかなか居ないと思うので、自分の感性のままに映画を撮っている監督さんだなと思いました。

――現場での白石監督はどんな感じでしたか?

醍醐 すっごく優しい方でした。

金子 そうだね。ものすごく優しいし、バイオレンスな映画をたくさん撮ってる監督には見えないくらい優しい方です。

――映画の中では動画配信者として、めちゃめちゃテンションをあげないといけないシーンが多かったと思います。そんなお2人を見れたことがすごく新鮮でした。

金子 独特な撮影でしたが、楽しみながら、テンションを上げて演じながら、時々「これってどういうことなんだろう?」と思いながら(笑)。

醍醐 それに関しては、いまだにこれが正解かはわからないですもんね。僕らも探り探り演じていました。(笑)

――参考にしたYouTubeさんなどはいますか?

醍醐 特定の人に似ちゃうのも良くないなと思って特に参考にはしていませんでした。

金子 「カメラ目線でお芝居をすること」って、なかなかないので、いくつか動画を見ました。

醍醐 僕らは、iPhoneで撮影してもらって、「え、もう終わり?もう終わり_」っていうのが続いていたので、どんな映像になっているのか不安な部分があったんです。でも完成を見て安心しました。「あ、こんなにYouTubeっぽくなるんだな」って。

――撮影で、印象に残っている回はありますか?

金子 4話は特に印象的でした。バイオレンスな演出があり、白石さんが好きそうだなという空気感の。

醍醐 僕、3話に出てくる「AI恋人」の声がとてもタイプで。画面を見なくても目を瞑って声を聞いているだけで、ちょっと癒されるっていう。アニメや声優さんが好きな人はツボを刺激されるんじゃないかと思います。

――お2人は普段は、Huluの作品を見ますか?

金子 観ます。「福岡人志」という、松本人志さんとパンクブーブーの黒瀬さんが福岡をロケするローカル番組なんですけど、すごく好きです。
https://www.hulu.jp/fukuoka-x-hitoshi

醍醐 僕は、最近は何にも考えないで楽しめる作品が好きなんです。ドウェイン・ジョンソンが暴れてる映画が好きです(笑)。

金子 気持ちいいよね!

醍醐 ドウェイン・ジョンソンの作品はクオリティも、めちゃめちゃ高いし、とにかく強いから気持ちいいんですよね。『ベイウォッチ』も最高でした!
https://www.hulu.jp/baywatch

――『未来世紀SHIBUYA』を観たあとには、ぜひお2人おすすめの作品も楽しんでいただきたいです。今日は楽しいお話をどうもありがとうございました!

<金子大地さんクレジット>
ヘアメイク:吉田太郎(W)
スタイリスト:千野潤也(UM) 
衣装クレジット:
シャツ?44,000(ユウキ ハシモト)、パンツ?67,100(セブン バイ セブン/共にサカス ピーアールTEL_03-6447-2762)、シューズ?71,500(パラブーツ/パラブーツ 青山店 TEL_03-5766-6688)

撮影:オサダコウジ

関連記事(外部サイト)