『ウルトラマン』大好き金子隼也が寺坂頼我にオススメ作品をプレゼン!「自分の正体を明かす時にシルエットになって…」

2012年7月からテレビ東京系列にて放送中の『ウルトラマントリガー』。1996年に初放送され、2021年に誕生25周年を迎える『ウルトラマンティガ』に関連する企画として立ち上げられた本シリーズは大人から子供まで多くの人気を集めています。

主人公のマナカ ケンゴ/ウルトラマントリガーを演じるのは寺坂頼我(てらさからいが)さん。怪獣災害に対応するエキスパートチーム<GUTS-SELECT>の隊員で開発担当、ケンゴをサポートするヒジリ アキトを金子隼也(かねこ しゅんや)さんが演じています。

今回はウルトラマンの大ファンである金子さんより、寺坂さんにオススメしたい作品のプレゼンをしていただきました! 全て、円谷プロのサブスクサービス『TSUBURAYA IMAGINATION』で観ることが出来るので、ウルトラファンの方も初心者の方もぜひご堪能ください。

【関連記事】『ウルトラマントリガー』寺坂頼我&金子隼也インタビュー「子供から大人まで愛される理由を改めて感じる」「佇まい、戦う姿勢がカッコいい」
https://getnews.jp/archives/3182101

――実は今日金子さんにお願いをしていまして。寺坂さんにウルトラマンの神エピソードをプレゼンしてもらってもいいですか?

寺坂 おお!(拍手)

金子 メモしてきました!

『ウルトラマン』シリーズ/エモいエピソード編

金子 まずは「エモい」エピソードから。初代ウルトラマンの「故郷は地球」っていう、ジャミラが出てくるエピソードを選びました。ジャミラってもともと地球人で、人類のために探索に行った隊員なんです。でも、宇宙船の故障で地球に帰れなくなってしまって、そこでなんとか生き続けた結果、姿が変わってジャミラになったんですよ。

▲ジャミラ_『ウルトラマン』第23話「故郷は地球」(C)円谷プロ

最後、ウルトラマンに倒されるときに?いて苦しむシーンが続くんですけど、僕はそのシーンを見ると、地球に戻れなかった悲しみとか苦しみが表現されているんじゃないのかなと感じていて。

寺坂 はあ〜。

金子 最後にジャミラが探索に行った隊員だったことをパリ本部っていうところから聞かされて、最後お墓を建ててあげるんですけど。それがエモいというか。怪獣だけど、お墓を建てるってすごいなと思います。

『ウルトラマン』シリーズ/カッコいいエピソード編

金子 次、「カッコいい」エピソード行きますね。ウルトラマンタロウのテンペラー星人が出てくる回を選びました。子供が紅白玉を投げて、そこからウルトラマン兄弟が出てくるんですよ。

▲『ウルトラマンタロウ』第34話「ウルトラ6兄弟最後の日!」(C)円谷プロ

ウルトラマン、セブン、ジャック、エース、ポンポンポンって出てきて。テンペラー星人と戦うんですけど、最後、倒すときに全員が光線を出すんですよ。それを横並びで撮っているというのが、カッコいいです。ウルトラ六兄弟ならではを感じられる回になっていると思います。

▲『ウルトラマンタロウ』第34話「ウルトラ6兄弟最後の日!」(C)円谷プロ

寺坂 そのカメラアングル、すごく気になります!

『ウルトラマン』シリーズ/泣けるエピソード編

金子 最後、「泣ける」エピソード。ウルトラセブンのパンドンの回です。アンヌ隊員に、モロボシ・ダンが「僕がウルトラセブンだ」っていうシーンがあるんです。そこで、音楽が流れると共に、二人が向き合っているシーンの背景がシルエットに変わるんです。もともと隠してきた部分を告げるっていうシーンで、パッと変わって、音楽とともにシルエットに変わるっていうのは、「おお!」って、グッとくるものがあるかなって。

▲『ウルトラセブン』第49話「史上最大の侵略(後編)」(C)円谷プロ

寺坂 演出がすごいですね…!

金子 そう。演出が本当にすごくて。

寺坂 今話を聞いていて、めっちゃ観たくなりました。素晴らしい。もっと教わりたいです!

――寺坂さんはどのエピソードが特に観たいと思いましたか?

寺坂 どれも絶対観ますけど、いちばん最後の、モロボシ・ダンのが特に観たいです!

金子 セブンって結構、大人向けのところがあって。それこそ、メトロン星人の回は、めちゃくちゃ有名な回ですけど。小さい頃に見るのと、大人になってから見るのとでは、気づきの部分が違うなと思うので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです。

――膨大なストーリーの中からパッとすぐ思い浮かびましたか?

金子 ウルトラマンとウルトラセブンとレオに関しては、DVDを持っていて。「あ、この回すきだな」っていうのが、それぞれにあるので、パッと思い浮かびますね。

初代のウルトラマンは顔がA、B、Cあるじゃないですか。Aはゴツゴツしていて、Bは、ちょっとずつシュッとしはじめて、Cはツルツルになるんですけど、その違いというか。最初、前かがみだったのが、ちょっとずつ上体が上がっていくのとか。細かいところですけどそういう部分を見ることも好きです。

▲ウルトラマンAタイプ_『ウルトラマン』第1話「ウルトラ作戦第一号」(C)円谷プロ

▲ウルトラマンBタイプ_『ウルトラマン』第20話「恐怖のルート87」(C)円谷プロ

▲ウルトラマンCタイプ_『ウルトラマン』第31話「まぼろしの雪山」(C)円谷プロ

寺坂 細かいねえ!

金子 スペシウム光線も今はCGなんですけど、当時は線一本一本、手書きを動かしてやっているので。今改めてみるとすごく新鮮で面白いと思います。

寺坂 昔の撮り方、すごいですね。

金子 セットも本当に作ったり、火を爆発させたり。特撮的な撮影の面白さは、昔の作品にすごく感じますね。僕も今日お話しさせていただいて、またたくさん観たくなってきました!

――今日は本当に素敵なお話をありがとうございました!

『TSUBURAYA IMAGINATION』金子さんプレゼン話が全て観れます!
https://imagination.m-78.jp/

『ウルトラマントリガー』
・放送時間:毎週土曜日あさ9:00〜9:30
・放送局:テレビ東京系 6 局ネット 他
・製作:円谷プロダクション・テレビ東京・電通
http://ani.tv/ultraman_trigger/

・出演:寺坂頼我、豊田ルナ、金子隼也、水野直、春川芽生、高木勝也、細貝圭、宅麻伸

・声の出演:M・A・O、上坂すみれ、真木駿一、高橋良輔
・メイン監督:坂本浩一 ・シリーズ構成:ハヤシナオキ、足木淳一郎
・監督
:武居正能、田口清隆、辻本貴則 「辻」のしんにょうは点一つ 、越知靖、内田直之
・脚本:根元歳三、小柳啓伍、林壮太郎、植竹須美男、継田淳
・音楽:坂部剛
・オープニング主題歌:佐久間貴生「Trigger」
・エンディングテーマ:マナカ ケンゴ、シズマ ユナ、ヒジリ アキト「明日見る者たち」

撮影:オサダコウジ

関連記事(外部サイト)