「オーマイガー!」藤原紀香50歳が再ブレイク!? 英語まじりの“ルー大柴”化でバラエティを席巻か

現在50歳の藤原紀香が最近なぜかテレビに出まくっている。元旦1日には『芸能人格付けチェック! 2022お正月スペシャル』(テレビ朝日系)に、観月ありさと女優チームとして参戦。1ランクアップを求めて土下座する場面が話題を呼んだ。この他にも3日放送の『ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 バスVS鉄道 第10弾』(テレビ東京)でも、イージーミスで落ち込む「バス旅のプロ」太川陽介を励ます良きパートナーとして活躍。
 
さらに8日には朝の情報番組『土曜はナニする!?』(カンテレ・フジテレビ系)に仲良しの元AKB48・篠田麻里子と、神奈川・横須賀を小旅行。12日には伊集院光のラジオ『伊集院光とラジオと』(TBSラジオ)にも生出演していた。

2000年代前後、藤原紀香は憧れの存在、時代のアイコンとして君臨。男女ともに「好きな女性は藤原紀香」という声が占めていた。さらにCM11本を担当する「CM女王」と呼ばれたことさえあった。『ハッピーマニア』『ナオミ』『危険な関係』『スタアの恋』『愛と青春の宝塚』(以上フジテレビ系)と、連ドラに立て続けに出演もしくは主演。その勢いはとどまることを知らなかった。

だがその後、その過度なテレビ露出に「ゴリ押し」と反発する風潮も出てきた。さらに出演作の意外な不振や演技力に難があったのか、主演の座を徐々に奪われていく。また彼女自身のキャラクターは天真爛漫で何も変わらないのだが、それを世間が避けていた感がある。だが50歳を迎えてもなお変わらないキャラクターを面白がり始めたのか、起用する番組が増えてきた。

さらに昨年12月13日には『帰れマンデー見っけ隊!!&10万円でできるかな 合体3時間SP』(テレビ朝日系)に出た時には、家にある不用品を公開。それをさらにリサイクルショップに査定してもらうという、プライベートに一歩踏み込んだ企画に挑んでいた。

また、さすがに『乗り継ぎ旅』ではなかったが、なぜか時々、感情を「ショック!!」「オ〜!ノ〜!」 「オーマイガー!」などと、ルー大柴ばりに英語で表現するようになったことも、人気の秘密かもしれない。もちろんそれを不快に感じる視聴者もいるかもしれないが、圧倒的な美貌で天上人のように崇められていた「NORIKA」から、素っ頓狂で親しみやすい「関西のおばちゃん」として認知されるようになったのではないか。
 
それでいて『伊集院光とラジオと』では、変わらず支援活動を続けていることを語っていた。2001年に起きたアメリカ同時多発テロの後、企画書を自ら書いて各テレビ局にプレゼン。ほとんど断られる中、ある局が手を挙げてくれたことで内乱後のアフガニスタンを訪問。それだけではなく「世界子ども基金」を設立し、アフガンに1校、カンボジアに3校、ネパールに1校学校を建設している。最初の頃はそうしたボランティア活動を「売名」と叩かれていたが、売名目的で20年続けられないだろう。

今後の藤原紀香に期待したいところだ。
 

(執筆者: genkanaketara)