大反響の「WinWinWiiin」 スポンサー「ロコンド」の田中裕輔社長が動画「宮迫さんヒカル君の牛宮城動画を見ての率直なコメント」を投稿

1月15日、宮迫博之さんや中田敦彦さん、山本圭壱さんらが出演したトークバラエティ番組「WinWinWiiin」が反響を呼んでいる。Part4まである動画は、1月19日の時点で4つ全てが100万回再生を突破した。

参考記事:
大反響のトークバラエティ「WinWinWiiin」 Part1から4まで全ての動画が再生回数100万回を突破! ヒカルさんのアンサー動画は250万再生
https://getnews.jp/archives/3205246[リンク]

2ちゃんねる創設者・ひろゆきさんをはじめ、さまざまな方々が動画の内容についてコメントしているが、同番組のスポンサーであるロコンド社長の田中裕輔さんも19日に


宮迫さんヒカル君の牛宮城動画を見ての率直なコメント
https://www.youtube.com/watch?v=zvHxfvNR_1w[リンク]

という動画をYouTubeの「ロコンドチャンネル」に投稿し、同番組やヒカルさんのアンサー動画、ひろゆきさんの感想動画等について語っていた。動画は反響を呼び、多くのコメントも寄せられていたようである。
中には、

ひろゆきさんの話で「タブレット広告で280万はペイできなさそう」というのが一番気になりました。 単純な疑問なのですが、ロコンドさんはタブレット広告のみでいくらまで払えますか? 「タブレット広告+YouTubeで広告動画出す」とか、「タブレット放置中に広告が流れるなど条件があればそれなりに出せる」など条件がないと現実味がないなと素人ですが思いました。

いう質問も。それに対し、「ロコンドチャンネル」は

あくまで当社の場合ですが、仮に一日100人、月に3000人に見てもらうビュー広告だけだとしたら1人3円、ザックリ月に1万円までかなとは思います。 ただ例えばビュー広告だけでなく出稿企業は宮迫チャンネルの牛宮城動画でも別途、宣伝しますよ、みたいな付帯が付いて来るなら広告価値は上がるとは思います。 その意味ではビュー広告だけでペイは難しいのでは?というひろゆきさんの意見は賛成ですが、広告の設計次第では可能性はゼロではないと思います。

と、具体的な数字をあげて回答していたようである。

※画像は『YouTube』より

関連記事(外部サイト)