『龍が如く』の名越稔洋氏が指揮する新会社設立! NetEase Gamesと情熱を注げるゲームを運営・制作

『龍が如く』シリーズの総合監督を勤めていた名越稔洋氏が指揮する株式会社名越スタジオが設立された。NetEase Gamesの100%出資で、コンシューマソフト事業を中心にワールドワイド向けハイエンドタイトルの開発を行っていくという。

「クリエイターの可能性を引き出す」をモットーにエンターテインメントの本質を全世界に届ける

株式会社名越スタジオの代表取締役社長に就任するのは、もちろん、名越稔洋氏。同スタジオは、NetEase Gamesのサポートのもと、高品質な家庭用ゲーム機向けタイトルの開発に注力。グローバルに展開していく予定だという。同スタジオのモットーは、「クリエイターの可能性を引き出す」こと。オープンかつ包括的な環境で、良質なタイトルの制作とエンターテインメントの本質を全世界に届けることを目指していくという。

エンターテインメント業界では、コンテンツの作り方やそれを支えるビジネスモデルに、大きな変化が急速に起きている。しかし、NetEase Games及び名越スタジオは、人々がエンターテインメントに求めるものは何も変わっていないと信じているという。日々の暮らしに希望を与え、辛い時には癒しを与え、楽しい時には感動を与えてくれる。

人々がエンターテインメントに託しているのは、そんな夢だと考えているとのこと。名越スタジオから今後リリースされるタイトルに期待したい。

Nagoshi Studio – ナゴシ・スタジオ:
https://nagoshistudio.com/[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)