アップロードで魂宿るプラットフォーム 3Dキャラクターモデルの投稿・共有可能な『VRoid Hub』提供開始

2018年12月12日、ピクシブから新たな3Dキャラクターモデルの投稿プラットフォーム『VRoid Hub』がリリースされました。

『VRoid?Hub』は、ユーザーが作成したVRM形式の3Dキャラクターモデルを投稿して、他のユーザーと共有できるプラットフォームです。VRM形式のモデルデータは、同じく『pixiv』が提供する『VRoid Studio』や3Dモデリングツールで作成することができます。『VRoid Hub』の利用は、『pixiv』アカウントによる会員登録を行うことで誰でも無料で利用可能です。

『VRoid?Hub』では、3Dキャラクターモデルを投稿するだけでキャラクターが活き活きとアニメーションするプロフィールページを作成できたり、利用条件と共にモデルデータを配布することができます。また、投稿された3Dキャラクターモデルは、『VRoid?Hub』と連携した各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上で利用することもできます。

キャラクターが活き活きと動くプロフィールページ

作成した3Dキャラクターモデルは、『VRoid Hub』に投稿するだけで、生き生きとしたアニメーションのプロフィールページが作成できます。アニメーションには「元気」「クール」「おしとやか」といったキャラクターの性格を反映させることができるほか、プロフィールページにはキャラクターの名前や性格、設定、関連リンクといった情報も掲載することができます。

また、3Dキャラクターモデルの閲覧が『VRoid Hub』上で可能になるため、ブラウザを開けば拡大/縮小や回転、移動などをアニメーションと共にプレビューすることも可能。

利用条件も設定可能

VRM形式の大きな特徴として、3Dキャラクターモデルの利用条件定義があります。『VRoid?Hub』では、3Dキャラクターモデルのプロフィールページを介して、他の人に3Dモデルデータを提供することも可能です。投稿された3Dモデルデータの著作権は作者に属しますが、作者は他のユーザーに対して、作者が設定した利用条件のもと、3Dモデルデータの利用やダウンロードを許可することができます。3Dキャラクターモデル制作者は、『VRoid?Hub』を介して3Dモデルデータの利用を他の人に許可することで、自分が作ったキャラクターの活躍の機会を増やすことができます。

各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ内で簡単に利用可能

『VRoid?Hub』と連携したサービスに『pixiv』アカウントでログインすると、『VRoid?Hub』上の3Dキャラクターモデルを使って連携サービスを楽しむことができます。

現在、バーチャルキャラクターになりきってライブ配信ができるiPhone向けアプリ『SHOWROOM V』との連携が発表されており、『VRoid Hub』に投稿された3Dキャラクターモデルを利用条件にもと使用可能となります。

コンテンツ制作者向けのSDKも提供

『VRoid Hub』と他アプリの連携は『VRoid SDK』を介して実現しています。『VRoid?SDK』は、 『VRoid?Hub』に投稿された 3Dキャラクターのモデルデータを、各種 VR/ARプラットフォームやアニメやゲーム等の 3Dコンテンツ上で利用できる機能を提供する、ソフトウェア開発者向けキットです。 『VRoid?SDK』を利用すると、開発者は 『VRoid?Hub』に投稿された 3Dキャラクターをダウンロード不要でサービス上に呼び出し、ユーザーが身にまとうアバターや、アニメやゲーム等の 3Dコンテンツの登場人物として利用することができます。『VRoid Hub』は、『SHOWROOM V』に続き、今後も各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツとの連携を続けていく予定。

VRoid Hub
https://hub.vroid.com/

VRoid SDKの提供に関する問い合わせ窓口
https://docs.google.com/forms/d/19748OkEY-EZTXy0CfoTXVA9U7peUGAQq-Q1fhyKtAY4/viewform?edit_requested=true

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)