ディズニープラスのサスペンスホラー『パーキングエリア』レビュー 嫌すぎる武器の使い方に震える

映画『パーキングエリア』がディズニープラスにて独占配信中です。

『パーキングエリア』テイラー・アダムスによる同名小説が原作のサスペンスホラー。真冬の夜、女子大生のダービーは母の容態急変の知らせを受け、車を飛ばすが、休憩のため立ち寄ったパーキングエリアで吹雪のため立ち往生してしまう。そこで偶然、一台の車に誘拐された子供が隠されているのを発見し…。

【動画】パーキングエリア|予告編|Disney+ (ディズニープラス)
https://www.youtube.com/watch?v=czbM3Ju1oNQ

物語はとあるセラピーを受けている、主人公・ダービーの姿からはじまります。母の一大事に病院に駆けつけようと車を飛ばしますが、外は猛吹雪。交通整備している警察官に「吹雪が去るまで、そこのパーキングエリアで待ちなさい」と言われ、母親のことは心配ながらも仕方なく車を停めます。

アメリカのパーキングエリア事情に詳しくない筆者なので、全てのパーキングエリアがそうかは分かりませんが、日本のパーキングエリアの様にフランクフルトやソフトクリームは売っていません。自販機も無し。本当に雨風しのぐだけの場所、という感じです。そのパーキングエアリアには先客が4人いました。中年夫婦、ベンチに横たわって寝ていた男性、独特の雰囲気を醸し出している男性。ダービーが入室すると全員一斉に振り返り、なんとも居心地が悪そうな空間です。

しかもその場所は圏外。携帯電話の電波を探しに外に出るダービーは、別の車で監禁されている少女を見ておののきます。縛られ口にはテープを貼られ、明らかに誘拐されている様子の少女。「……ということは、犯人はあのパーキングエリアにいる?」そこからダービーの少女を逃す為の危険な戦いが始まるのです。

猛吹雪の中で、避難所となった室内での会話推理劇、というとクエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』(2015)が連想されます。実際にレビューでも『ヘイトフル・エイト』を挙げている方が多く、筆者もこの2タイトルに共通する緊張感、誰が嘘をついているのか分からない“リアル人狼感”にハラハラさせられました。

加えて、この『パーキングエリア』で面白いなと思ったのが、現代劇ゆえ、スマートフォンを持っているのに圏外で助けを呼べない、誰とも連絡が取れないもどかしさ。この現代においても、<完全に外部から閉ざされてしまう>ことは十分にあるのだと思い知らされます。

ネタバレになりますので書きませんが、終盤で登場してくるとある武器の恐ろしさ…。ここ最近に観た映像作品の中でも、トップで嫌な武器の使い方でした…。ゴア描写もしっかりありますので、苦手な方はお気をつけて。

そしてそして、最後にこれだけは言わせてください! 吹雪の夜を描いた作品なので、かなり画面が暗く、お部屋を暗くしてみないと、かなりの写り込みが発生すると思われます。筆者は実際に部屋を真っ暗にして観ました。皆さんも環境を整えて、この『パーキングエリア』の世界観に没頭してみてくださいね。これから小説も読んでみます!

『パーキングエリア』
ディズニープラスのスターで独占配信中
(C)2022 20th Century Studios

関連記事(外部サイト)