HyperX、省スペースのゲーミングキーボードや超軽量デザインのゲーミングマウスなどを4月11日に発売

HyperXは、「Alloy Origins 65」、「Pulsefire Hasteワイヤレスゲーミングマウス」、「Clutchコントローラー」のプレオーダーをAmazonで開始した。発売は4月11日。

また、同日発売の「Pulsefire Mat マウスパッド」と、Pulsefire Hasteゲーミングマウスの新色となる「ブラック&レッド」、「ホワイト&ピンク」の2種類も、プレオーダーの受付を開始している。

HyperX「Alloy Origins 65」メカニカルゲーミングキーボードは、省スペースな65%のフォームファクターが特徴。独立した矢印キー、Deleteキー、Page Up/Page Downキーによる機能性で、デスクトップのスペースを無駄なく活用してマウスを自在に動かすことができる。スイッチごとに8000万回の打鍵耐久性を備えた「HyperX メカニカルスイッチ」を採用。

LEDを露出させたデザインのRGBバックライトキーを採用し、鮮やかなライト効果と5段階に調整可能な輝度レベルの、明るいイルミネーションが特徴。「HyperX NGENUITY」ソフトウェアを使用することで、ライティング、ゲームモード、マクロ設定を自分好みに調整でき、オンボードメモリには最大3つのプロフィールを記憶可能。「HyperX Redリニアスイッチ」を利用できる。価格は1万2980円(税込)。

「Pulsefire Hasteワイヤレスゲーミングマウス」は、超軽量ハニカムシェルデザインを採用した、すばやい動作と通気性の高さが特徴。2.4GHz周波数帯で動作する低遅延のワイヤレス接続による、ゲーミンググレードのワイヤレステクノロジーを搭載している。1回の充電で最大100時間駆動するバッテリーが特徴。

6つのプログラム可能なボタンとオンボードメモリを搭載し、最大8000万回のクリックに耐えるTTC製Goldenマイクロダストプルーフスイッチを採用している。価格は8280円(税込)。ブラックとレッド、ホワイトとピンクの2色の有線バージョンは6100円(税込)。

https://twitter.com/HyperXJapan/status/1508368301663174661

「Clutchワイヤレスゲーミングコントローラー」は、使い慣れたレイアウトと握りやすいテクスチャー加工を施したグリップを採用し、ゲーム内でのパフォーマンスを強化。Androidデバイス向けに、Bluetooth 4.2または2.4GHzワイヤレスレシーバー経由で、ワイヤレスサポートを提供する。

ゲーミングPCに有線接続するためのUSB-C/USB-Aケーブルが付属しており、複数のデバイスを介したクラウドゲーミングのメリットを活用できる。41mmから86mmまで伸びる着脱可能な調節式のモバイルデバイス用クリップ付属。1回の充電で最大19時間バッテリーを使用できる、再充電可能なバッテリーも内蔵している。価格は5180円(税込)。

HyperX – ゲーミングヘッドセット、キーボードなど ? WE’RE ALL GAMERS | HyperX:
https://www.hyperxgaming.com/jp[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)