岡崎京子原作・映画『チワワちゃん』“ライダー出身”上遠野太洸の演技を監督&共演者大絶賛

「ヘルタースケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代〜90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと弱冠26歳の新鋭・二宮健監督により新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』として2019年1月18日(金)に公開となります。

チワワちゃんを取り囲む若者たちの回想を軸に進む本作。主人公のミキ役には、『愛の渦』(2014)のヒロインで注目を浴び、以後、実力派若手女優として数々の作品に出演し続けている門脇麦さん。チワワちゃんの元カレ・ヨシダ役には若手最注目俳優の成田凌さん、ヨシダの親友カツオ役には2017年に俳優デビューを果たし既に注目作品に引っ張りだこの寛 一 郎さん、チワワちゃんの親友ユミ役には、同年代女性から支持されモデル・女優として活躍する玉城ティナさん、チワワちゃん役には新人ながら大抜擢された吉田志織さん、さらにチワワちゃんに想いを寄せるナガイ役には、映画・TV・舞台と幅広く活動している村上虹郎さんと20代の実力派俳優が集結し、等身大の若者を熱演しています。

『仮面ライダードライブ』のチェイス役などで知られる上遠野太洸(かとおの たいこう)さんが演じるのは玉城ティナ演じるユミの彼氏、アキラ。原作では名前しか登場しないキャラクターであり、映画でも決して台詞や登場シーンが多いわけではありません。しかし二宮監督は上遠野に対して、「何かしらのMVPをすぐさまお贈りしたいくらい感謝している」と語っています。

現場の裏回し役!?上遠野太洸の現場での功績とは!?

監督は上遠野に対して、「上遠野さんの現場での活躍に関しては、何かしらのMVPを用意してすぐさまお贈りしたいくらい感謝しています。他の出演者がまだお互いを探りあっているときから、ひとりだけアクセルをフルで踏んでいました。本編には映っていない彼の勇姿の数々をいつか一本のフィルムにまとめたいほどです」と絶賛しています。

現場ではアドリブも多かったそうで、「基本的に上遠野さんは、アドリブで勝手に色々としゃべっていました。そういった意味では皆、想定外のリアクションを新たにせざるをえなかったと思います。クランクイン初日に撮ったチワワの登場シーンでは、特にセリフが多いキャラクターではありませんが、完全アキラがムードメーカーになって皆を沸かしていました。そこで突如チワワが登場するわけですが、チワワがはじめに気が合う相手が、自然とアキラになっていったのは大変興味深かったです」と監督もコメントしているとおり、集合シーンの撮影における上遠野の貢献度は高かったようです。その抜群の存在感は、共演者の門脇も「上遠野くんは口も立つし、頭の回転も速い」と評価するほどです。

オーディションの時も「さりげないセリフを読んでもらったところ、たぶん世界で彼しかしないような想像の斜め上を行くような言い方で表現をしました。それが忘れられなくて、お願いしました」と監督が語るほど既に異彩を放っていた上遠野さん。『仮面ライダードライブ』の出演者といえば、竹内涼真さんや内田理央さんなどが有名ですが、『チワワちゃん』の上遠野に対する声を聞くにつけ、彼らに並ぶ大ブレイクを果たす日も近いかのかしれません! 作品と共に、彼の存在感にもご注目を。

『チワワちゃん』ストーリー
【STORY】
SNSが普及した現代の東京。ありったけの若さを謳歌する男女のグループ。そのマスコット的存在だった”チワワちゃん”が、ある日バラバラ遺体となって発見された。残された仲間たちが集まり、それぞれがチワワとの思い出を語りだすが、分かったことは誰もチワワの本名も境遇も本性も知らないままバカ騒ぎしたり、恋愛したり、エッチしたりしていたということだった―。

【動画】岡崎京子原作・映画『チワワちゃん』本予告編
https://www.youtube.com/watch?v=v4K_yW87cF0

(C)2019『チワワちゃん』製作委員会

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)