一人称「余」のラブライバー!? 女児を助け感謝状授与のプロレスラー・グレート-O-カーンとは何者か?

新日本プロレス所属のグレート-O-カーン選手が、2022年3月29日夜に東急武蔵小杉駅で泥酔した男性から迷惑行為を受けていた女児を助け、検挙に貢献したとして神奈川県警中原警察署から2022年4月4日に感謝状を授与されました。

「名乗るほどの者ではない」と去ろうとするも…… 女児を助けた新日本プロレスのグレート・O・カーン選手に警察が感謝状授与
https://getnews.jp/archives/3250240

リングでは、ユニット『UNITED EMPIRE』として新日本プロレスの「征服」を目論むオーカーン選手ですが、今回テレビなどの報道により、はじめてその存在を知ったという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、一体グレート-O-カーンとはどういった人物なのか、簡単に紹介してみます。

「アマ格闘技十冠王の猛者」

本人は「過去の記憶を失っておる」と申していますが、2017年に新日本プロレスでデビューした岡倫之選手がその正体と目されています。岡選手は2012年の全日本レスリング選手権大会フリースタイル120kg級で優勝するなどレスリングの大会で赫々たる実績を残し、2014年にはブシロードに入社。レスリング選手を育成するチーム『ブシロードクラブ(現TEAM NEW JAPAN)」に所属していました。また、2015年にはブルガリアで開催された世界コンバットレスリング選手権大会の100kg超級で優勝するなど、さまざまな格闘技のバックボーンを持っています。

新日本プロレスのプロフィールによると、「経験格闘技と戦績」として以下のように記されています。

空手、柔道、レスリング、総合格闘技、キックボクシング、ブラジリアン柔術、サンボ、パンクラチオン、グラップリング、グラップリングGI、ノーギ柔術、ビーチレスリング、サブミッションアーツレスリング、キャッチレスレリング、コンバットレスリング
※2013年にはレスリングのオリンピック強化指定選手に認定。
※2014年には日本格闘技の総本山・日本格闘技連盟から年間最優秀選手賞を受賞。

このため、デビュー時にファンの間では「すげえ経歴のヤツが来た」「ガチで強いだろ」と評判になっていました。

イギリス遠征で大変貌

新日本プロレスでは、ヤングライオン(デビュー間もない選手)を卒業すると海外への武者修行に出ることが通例となっています。岡選手も2018年にイギリスへと渡ります。異例だったのは、事前告知なく秘密裏の渡英だったこと。既にイギリスの団体RPWに海外遠征中だった海野翔太選手の対戦相手として現れ、キョンシー風のコスチュームと辮髪+髭面といったスタイルに変貌を遂げました。自らを「ドミネーター(支配者)」と名乗り、グレート-O-カーンとして「過去を捨てた」という傍若無人なリングでの戦いぶりはイギリスを席捲。左手で相手の顔を鷲掴みにして叩きつけるエリミネーター(アイアンクロースラム)をフィニッシュホールドに暴れまわりました。

この情報は日本のコアなファンの間にも伝わり、以降「オーカーン様」として知られるようになります。

怪奇派の皮を被ったテクニシャン

渡英も突然なら、帰国も突然。2020年10月16日の『G1 CLIMAX 30』両国国技館大会のオカダ・カズチカ対ウィル・オスプレイ戦に乱入してオカダ選手にエリミネーターを叩きつけ、オスプレイ選手と結託。新ユニット『THE EMPIRE(現)UNITED EMPIRE』として新日本プロレスへの「侵略」を宣言しました。

一人称が「余」で、決めセリフが「ひれ伏せ愚民ども!」、相手を倒すことを「処す」と表現するといった帝王的な言葉を使う姿は唯一無二ではありますが、モンゴリアンチョップや地獄突きといったザ・プロレスといった技だけでなく、王統流二段蹴り、一本背負いなどさまざまな格闘技を生かした技を織り交ぜ、風貌に似合わずテクニシャンであることを垣間見えることでファン=帝国民も徐々に増えています。

最近では、2022年3月17日の『NEW JAPAN CUP 2022』静岡大会で後に優勝を果たすザック・セイバーJr.選手と戦い、敗北を喫したものの関節技合戦で互角以上に渡り合い、コアなファンをも唸らせました。当人はアンチが減って「寂しいのぅ」と申してますが……。

Vtuberとのコラボも!? 筋金入りのオタク

オーカーン選手のTwitterのプロフィールには、「出演:#リスアニ #ダヴィンチ #ブシロードゲームフェス #アニメイトブックフェア #みっころね24 #ささもり」とアニメ関連が連なっていますが、自身は大の『ラブライブ!』ファンだと公言。特に園田海未が推しで、帰国時にオカダ選手を襲撃したのは、海未役の三森すずこさんとオカダ選手と結婚したからだとか、ないとか……。実際、「一番処したい相手」としてオカダ選手の名前を事あるごとに出しています。

そのほか、Vtuberグループ『ホロライブ』の大空スバルがアニメで使った技を「大空スバル式羊殺し」としてリングで見せるなど、サブカルチャーとの造詣の深さをリング内外で見せているところも特筆すべきでしょう。Twitterでは、推しアニメのツイートをすることもあるので、レスラーの枠を超えた存在になる可能性も充分です。

新日本プロレスでは目ぼしい栄冠に恵まれず、「征服」は道半ばという印象ですが、2022年4月9日の両国国技館大会で、YOSHI-HASHI選手・後藤洋央紀選手が持つIWGPタッグベルトへ、ジェフ・コブ選手をパートナーに挑戦することが決定しています。前哨戦では感謝状を持ち込むなどプロレス脳の高さも垣間見せており、単なる挑戦で済まさないあたり、期待度がより高まります。

グレート-O-カーン(Twitter)
https://twitter.com/Great_O_Khan [リンク]

  • 記事にコメントを書いてみませんか?