「なぜ紅白?」「なぜ歌い終わったら拍手をするの?」『NHK紅白』の疑問にチコちゃんの「ボーっと生きてんじゃねーよ!」が炸裂!

『第69回NHK紅白歌合戦』に人気番組『チコちゃんに叱られる!』のチコちゃんと岡村隆史が登場。大みそかの夜にもチコちゃんの「ボーっと生きてんじゃねーよ!」が炸裂し、紅白に関連した疑問を解説した。

Q.なんで紅白歌合戦は「紅白」というの?
チコちゃんの解説:「初代ディレクターが剣道部だったから」

まだテレビが無かった時代、終戦直後の世の中を明るくしたい、という思いから、大みそかの夜にラジオの歌番組(現在のNHK紅白の前身番組)を企画したのがNHKラジオ音楽部ディレクターの近藤積氏。近藤氏は元剣道部だったため、2組に分かれて対戦する剣道の“紅白戦”を番組タイトルに取り入れた。

Q.なんで歌い終わった人に対して拍手をするの?
チコちゃんの解説:「拍手をするのは神を目覚めさせるため」

古代エジプトでは、強い音を出して神を目覚めさせるのと同時に神を称賛するために拍手をしていた。そのため、歌や踊りに対しても拍手で称賛していた。

上記のようにチコちゃんが説明したが、諸説あると言われている内の一つとなっている。

※画像は『チコちゃんに叱られる!』番組公式ページより。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)