高須克弥院長「5億円ペナルティ上乗せして不意討ちキックを…」「内緒で金出せばよかった」メイウェザーと那須川の試合に

2018年12月31日、プロボクシングで50戦無敗、5階級制覇というレジェンド中のレジェンドであるフロイド・メイウェザーがキックボクサー・那須川天心と対戦。ボクシングのエキシビションマッチとして行われたこの試合、圧倒的な力の差を見せつけ、1ラウンドで3回のダウンを奪いKO勝ちをおさめた。139秒の圧勝劇、メイウェザーが手にするファイトマネーは10億円とも言われている。
試合の是非についてさまざまな意見が出る中で、年明け1月1日に高須クリニックの高須克弥院長(@katsuyatakasu)は『Twitter』にて

メイウェザーに米メディア衝撃「139秒で10億円」/RIZIN
https://www.sanspo.com/sports/news/20190101/fit19010111320002-n1.html
というサンスポの記事をツイート。それに対し、翌2日には他のTwitterユーザーが

200年に一人の天才ボクサーが語る「メイウェザーvs.那須川」
https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20190102-00109855/

という記事にリンクを貼り

高須院長、どう思われますか? 私はこの元ボクサーの方が言われることに至極同意なのですが。色々な意味で観ててあまりに面白くなかったのです。世界に名を知らしめる場としては良かったのかもさそれませんが。

と返信を行った。高須院長は

もう5億円ペナルティ上乗せして不意討ちキックを食らわせてダウンを奪ったら面白い展開になったのに残念です。
内緒で金出せばよかった。

とツイートを行う。
「日本人は真面目でクリーンなんでお金があってもやらないんじゃないですか?」
「那須川天心はルール違反してまで勝ちたいと思うような男じゃないですからね」
といった返信が寄せられる一方、
「5億…先生なら冗談にも本気にも聞こえるので、なんかゾワっとします」
「もし万が一、同様の事があったら高須先生なら本当に出してくれそう」
といった返信も寄せられる。
その後も高須院長はユーザーから寄せられる声に返答するなどしていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)