破天荒アーティスト・シェインが愛するアイルランドとお酒を楽しもう! 「シェインのアイリッシュパブ巡り」キャンペーン

ジョニー・デップ製作、伝説のパンク・バンド「ザ・ポーグズ」シェイン・マガウアンの人生に迫るドキュメンタリー『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』を6月3日(金)より公開となります。

アイリッシュ・パンクという一大ジャンルを築き上げた伝説の英パンク・バンド「ザ・ポーグズ(THE POGUES)」。そのフロントマンで、多くのミュージシャンが愛して止まない天才シンガー、シェイン・マガウアンの破天荒すぎる音楽人生を30年来の友人ジョニー・デップ製作でドキュメンタリー映画化。本作では爆弾発言だらけのシェインのインタビュー映像に加え、貴重なライブ映像や、米国の作家ハンター・S・トンプソンのコラボで知られるイラストレーター、ラルフ・ステッドマンによるアニメーションを交えながら、彼の半生を丸裸にしていく。『ビギナーズ』ジュリアン・テンプル監督がメガホンをとり、ボビー・ギレスピーやジョニー・デップ本人がインタビュアーとして出演。

本作の製作を務めたジョニー・デップは「20世紀の最も重要なアーティストの一人であり、人々に愛された詩人でもあるシェインの決定版な映画を製作できることを光栄に思います。」とコメント。名優ジョニー・デップ×巨匠ジュリアン・テンプルの豪華2人のコラボにより、見事シェイン・マガウアンの人生を復活させています!

イギリス・ケント州で生まれたシェインは、両親の故郷アイルランド・ティペラリー州の田舎で幼少期を過ごした。当時5歳だったシェインは大人に混ざり、歌や踊りをしながらお酒を飲み明かしたという。そんな日々をシェインは「毎晩クリスマスのようだった」と振り返る。シェインの酒好きっぷりはあまりにも有名で、映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』の中でも、破天荒な酒好きエピソードが多数登場する。本作の公開を記念して、音楽と同じくらいシェインが愛するお酒、そしてアイルランドを楽しめる “アイリッシュパブ”とのタイアップが都内4店舗で決定!映画公開1ヶ月前に迫ったゴールデンウィーク。ぜひアイリッシュパブ巡りをして、映画への期待を膨らませよう!

GWに行きたい!シェインのアイリッシュパブ巡りキャンペーン

今回、タイアップが決まったのはアイリッシュパブの名店、都内4店舗。『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』オリジナルメニューを開発いただいたほか、シェインの特大ポスターが店内を彩る。視覚、味覚すべて映画に足を踏み入れたかのような感覚が味わえる。また、タイアップメニューの写真と指定のハッシュタグ「#シェインに乾杯」をつけてTwitterまたはInstagramに投稿すると、豪華プレゼントが当たるキャンペーンも実施!ぜひご参加ください。

・Abbot’s Choice 渋谷店(アボット チョイス)
渋谷マークシティふもとにあるアイリッシュパブ。瓶ビールは100種類、ウイスキーはなんと200種類以上!色々なお酒と料理が楽しめる、「ちょっと一杯」にぴったりなオシャレなお店。

メニューの写真に映るお酒は「ゴールドギネスポット〜黄金の壺〜」という名のビール。本作の原題「CROCK OF GOLD」は和訳すると「黄金の壺」。映画の要素が盛り込まれた一品。さらに、ビールにぴったりの「燻製肉三種盛り〜トリュフ塩と共に〜」という豪華フードメニューも!味覚からシェインに染まること間違いなし!

■販売期間
5/2(月)〜6月下旬まで

■販売価格
ゴールドギネスポット〜黄金の壺〜 \900(税込)
燻製肉三種盛り〜トリュフ塩と共に〜 \1,000(税込)

■店舗情報
東京都渋谷区道玄坂 1-11-1
(JR山手線・埼京線「渋谷駅」より徒歩3分)
・公式HP:http://www.dinnerrush.jp/
・公式SNS
Facebook:https://www.facebook.com/abbots.shibuya
Instagram:https://www.instagram.com/abbots_choice_shibuya/

・Irish Pub An S?L?S 代々木(アイリッシュパブ アンソラス)
本場アイルランド人バーマンの注ぐ絶品ギネスの美味しさに悶絶!店名のアンソラスはゲール語で「光」。代々木の閑静な一角にある店内には、アイルランドから輸入した家具や装飾でいっぱい、本格的なアイリッシュパブの雰囲気が楽しめる。期間限定のシェインスペシャルメニュー3種をご紹介!

向かって右手の大きなパイントグラスが目に入るこちらのメニューは、「パイントポーター」。300年以上前にイギリスで生まれたビール。イギリス生まれのシェインにとって、馴染み深いお酒といえるだろう。続いて、真ん中に映るのは「ブランデー」。アイルランドでは昔からブランデーがよく飲まれておりアルコール度数40度を超える、まさに酔いどれシェインに相応しいお酒だ。最後はメインディッシュ、「アイリッシュポテトパンケーキ」。アイルランドの伝統料理ボクスティ(主食材としてジャガイモを用いる料理の1つ)で包んだプルドポーク。ポーグスオリジナルウイスキーを使用したマッシュルームソースが食欲をそそる!

■販売期間
5/3(火)〜6月下旬まで

■販売価格
パイントポーター \1,100(税込)
ブランデー \900(税込)
アイリッシュポテトパンケーキ \1,300(税込)

■店舗情報
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-22-3 都営千駄ヶ谷アパート1号館 103
(JR山手線・総武線「代々木駅」より徒歩2分)
・公式SNS
Facebook:https://www.facebook.com/AnSolasIrishPub/
Twitter:https://twitter.com/an_solas

・IRISH PUB Peter Cole 神田(アイリッシュパブ ピーターコール)
本場アイルランドのパブを思わせる内装に日本人・外国人を問わず大好評!アイリッシュパブの王道スタイル、パブリックビューイングも楽しめる。

ピーターコールで楽しめるのは、映画オリジナルカクテル、アイリッシュネグローニ!スイートベルモット、 カンパリ、ジンを混ぜ合わせたものがスタンダードなネグローニだが、今回はなんとジンをアイリッシュウイスキーにツイスト。元々アルコール度数高めのカクテルに、ウイスキーをプラスすることで、さらにお酒好きのシェインのイメージに…!

■販売期間
5/6(金)〜6月下旬まで

■販売価格
アイリッシュネグローニ 1,000(税込)

■店舗情報
東京都千代田区内神田1-15-2
(JR「神田駅」西口より徒歩6分)
・公式HP:https://irish-pub-peter-cole.business.site/
・公式SNS
Facebook:https://www.facebook.com/PeterColeKanda/

・The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)
バグパイプ奏者であり、オテルドミクニやフランスでの経験を積んだオーナーシェフ小貫友寛氏が作るフレンチ仕込みの英国料理が楽しめるスコティッシュパブ「ザ・ロイヤルスコッツマン」。

今回2012年ボーグス来日の際、バックステージにも行った小貫氏がシェインの愛飲のカクテル、テキーラオレンジを再現!一手間掛かったアイルランド料理も特別提供!更に世田谷区砧にあるパンキッシュなブリュワリー、「ライオットビール」と本作のコラボレーションエールが5月下旬に完成予定。続報は映画公式 HP 又は SNS にて。乞うご期待!

■販売期間
5月下旬〜6月下旬まで

■店舗情報
東京都新宿区神楽坂3-6-28 土屋ビル1F
(東京メトロ各線「飯田橋駅」B3出口より徒歩4分)
・公式HP:https://royalscotsman.jp/
・公式SNS
Facebook:https://www.facebook.com/pub.royalscotsman/
Instagram:https://www.instagram.com/scotsman_kagurazaka/
Twitter:https://twitter.com/scotsman_pub

関連記事(外部サイト)