ミャンマーのゲームショップに行った結果「ドラクエ」や「FF」が

ミャンマーは親日な人たちが多い国と言われています。事実、旅行に行くと、旅人である筆者に優しくしくれるミャンマー人が多かったです。また、食文化も日本と味付けが似ていて、あっさりとしていながら、油や塩気は強すぎず、しっかりと旨味ある料理が多いと感じました。

路上でゲームソフトを売っている露店

そんなミャンマーですが、路上でゲームソフトを売っている露店がありました。ファミコンとスーパーファミコンばかりでしたが、店員さんがとても親切で、パッケージの中も見せてくれました。

どれも日本仕様のゲーム

ミャンマーで売られていたファミコンソフトですが、どれも日本で売られていたものでした。ミャンマーや英語版にローカライズされたものではなく、日本語そのまま。『ドラゴンクエスト3』や『ファイナルファンタジー3』がありましたが、どれも日本仕様。

ミャンマーには眠れる激レアなゲームソフトがあるかも

もしかすると、ミャンマーに住む日本人が母国に帰るとき、ミャンマーに置いていったもの、買い取ってもらったものかもしれませんね。もしかすると、ミャンマーには眠れる激レアなゲームソフトがあるかもしれませんよ。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)