新キャラクター「アメリカ・チャベス」を熱演! 鬼頭明里さんに聞くマーベル愛『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』

「スパイダーマン」の監督が贈る時間・空間の概念を超えた超感覚ファンタジック・アクション超大作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が大ヒット上映中です。

元天才外科医にして、上から目線のアベンジャーズ最強の魔術師ドクター・ストレンジ。 時間と空間を変幻自在に操る彼の魔術の中でも、最も危険とされる禁断の呪文によって“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉が開かれた──。

本作で重要な鍵となる新キャラクターの「アメリカ・チャベス」。日本語版吹替を声優の鬼頭明里さんが担当しています。

――アメリカ・チャベスの吹替が決定した時、鬼頭さんの「担当できるということを聞いた日は、嬉しくて一日中ソワソワしてしまいました!」というコメントが印象的でした。本作への参加はオーディションですか?

オーディションで、いくつか短いシーンに対してボイステストを受けたのですが、結果が出るまですごくドキドキしていて。マネージャーさんに「(結果は)まだですか?まだですか?」って聞いていました(笑)。

洋画の吹替自体もずっとやってみたかったお仕事で。こうしてメインのシーンでたくさん話すキャラクターをやらせていただくだけでもありがたかったのに、元々ファンだったマーベル作品に関われるなんて!とても嬉しかったです。

――鬼頭さんがマーベル作品に触れるきっかけというのはどんなことだったのでしょうか。

デビューして間もない頃に、アニメ「マーベル フューチャー・アベンジャーズ」に出させていただいて、そのお仕事をきっかけに勉強する様になりました。アニメのスタッフさん、キャストの皆さんにもマーベルに詳しい方が多くて、アメコミショップを教えていただいて、私が演じたカマラ・カーン(ミズ・マーベル)のコミックを買って、今もずっと持っています。そこからハマって、いつか実写の作品にも…と夢見ていたので、本当に光栄です。

――特にお好きなキャラクターや作品はありますか?

キャプテン・アメリカです。ファーストインプレッションは見た目だったのですが(笑)、色々なヒーローがいる中で一番王道を感じる性格、心のやさしさ、正義感が好きです。自分がヒーローになるならこういうキャラクターになりたいなと思って見ています。作品単位でいうと、「キャプテン・アメリカ」のシリーズはもちろん、『ブラックパンサー』、「スパイダーマン」シリーズが特に好きです。マーベル作品はシリアスなものからコミカルなものまで、作品ごとのカラーがあって素敵ですよね。

――『ドクター・ストレンジ』の印象はいかがでしょうか。

魔術が使えるというのはワクワクしました!事故でひどい怪我を負ってしまったスティーヴン(ストレンジ)が、実はものすごく魔術の才能を持っていた…。というのは、たまらない設定だなと思いました。

――本作ではその魔術の世界がかなり壮大に広がっていきそうですね。

台本だけを読むと「どんな風になるんだろう」という所が、映像になると魔術やマルチバースの描き方の迫力がすごくて、とても映像映えする作品だなと、見ていて楽しかったです。そして衝撃の展開の連続で…。この映像はぜひ映画館で観ていただきたいです。

――鬼頭さんが演じた、アメリカ・チャベスについてはどの様な印象を受けましたか?

とても強いパワーを持っているのにまだ使いこなせていない部分があって、ストレンジの様にその力をマスターしたら、すごく活躍しそうなキャラクターだなと思いました。今後も活躍してくれることを期待しています。

――吹替で大変だったことはどんな事でしょうか?

アニメやゲームは自分がオリジナルとしてお芝居が出来るものもあるのですが、実写は俳優さんがいらっしゃるのでそれに合わせて演技をすることが大切になります。俳優さんの呼吸に合わせて息遣いを工夫したり、何人かで一緒に走っているシーンなどでは「これは誰の“ゼーハー”なんだろう?」としっかり確認しながら収録していました。

――本作は情報量が多いと思うので、こういった作品は日本語版吹替の方が見やすいですよね。

私自身、元々洋画は吹替派です!まずは映像に集中したいので、最初は吹替で観ることが多いです。MCU作品も全て吹替で見ています。自分たちの普段慣れ親しんだ言語で映画が観られるのって、本当に良いなと思います。

――まだMCU作品に触れたことのない、アニメ好きで鬼頭さんを応援している方に本作をオススメするなら?

ファンタジーで幻想的な世界をものすごく大きなスケールで映像化しているので、アニメ好きの方も絶対好きだなと思います。魔術や闘いのシーンもカッコ良いですし、設定の細かさ、考察のしがいなど、アニメ作品とも通じる魅力がたくさんあります。これまでMCUに触れてこなかった方にもぜひ観ていただきたいです。…出来れば最初から作品を全て追っていただいて(笑)。

――私自身もそうなのですが、MCUの新作が控えているだけで生きがいというか、楽しみが増えますよね。そういうファンの方が多いと思います。鬼頭さんにとってのそんな「毎日が頑張れる楽しみ」ってありますか?

友達と遊ぶ時間です。予定があると「それまで頑張るぞ」ってすごくやる気になります。ゆっくりご飯を食べながら、ただただおしゃべりしている時間が何よりも幸せです。声優同士でご飯に行く事も多いのですが、仕事の話ってあまりしなくて、本当にくだらない話をずっとしています(笑)。

――そんな時間が活力になっているのですね。素敵です!今日は本当に楽しいお話をありがとうございました。

撮影:オサダコウジ

【関連記事】ドクター・ストレンジの日本語吹替を務める三上哲さんに聞く「ストレンジの弱さや人間的な深みに注目して」
https://getnews.jp/archives/3272595

(C)Marvel Studios 2022

関連記事(外部サイト)