ふーーー! 自由だー! ゆっくり茶番劇スピード商標抹消完了! ニコニコ代表・栗田穣崇さんも報告

ふーーー! 自由だー! ニコニコ動画をはじめ、数多くのSNSや動画共有サイトで人気を博している「ゆっくり茶番劇」。誰もが自由に使ってクリエイトできるキャラクターだと思っていたところ、突如としてユーチューバーの柚葉さんが商標登録。多くの人たちが怒り、憤怒し、憤懣をぶつけた。

「大勝利」「また勝ってしまった」

柚葉さんはゆっくり茶番劇の使用料として10万円の支払いが必要であると告知。ゆっくり茶番劇のファンやクリエイターから猛烈な反発があがり、最終的にゆっくり茶番劇の登録が抹消。ふーーー! 自由だー! 多くの人たちが歓喜し、ファンの間では「大勝利」「また勝ってしまった」という状態となっている。

ゆっくり茶番劇が抹消された

そんなゆっくり茶番劇の商標抹消に関して、くりたしげたかこと栗田穣崇さんが自身の公式Twitterで言及。ゆっくり茶番劇が抹消された事を報告した。ふーーー! 自由だー!

くりたしげたかさんのTwitterコメント

文字商標「ゆっくり茶番劇」について、2022年6月8日付けで放棄による抹消登録がなされていることを確認いたしました。ドワンゴのアクションの進捗につきましては、引き続き公式からアナウンスさせていただきます(引用ここまで)


商標登録した「真意」は不明

柚葉さんがゆっくり茶番劇を商標登録した「真意」は不明だが、2022年6月14日現在、ゆっくり茶番劇の使用にお金を支払う必要はなく、特段、許可を得る必要もないため、そのあたりは一安心といえそうだ。ふーーー! 自由だー!

突如として権利を主張されたら……

誰でも自由に使えるキャラクターやデザインがあり、それを使ってクリエイトしていたところ、突如として権利を主張されたら、あなたはどう思うだろうか。

※画像は特許情報プラットフォーム『J-PlatPat』より

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)