「@cosme 2022上半期新作ベストコスメ」を使ってみた&下半期トレンド予測で感じたこと「メイクはもっと自由で楽しくて良い!」

異例の暑さが続く今日この頃。汗でメイクが崩れる、冷房で乾燥している…この時期ならではの悩みは尽きません。そして、夏だからいつもとちょっと違うメイク、トレンドメイクに挑戦してみたい!そんな気分になりますよね。先月発表された、「@cosme ベストコスメアワード 2022 上半期新作ベストコスメ」で表彰されたアイテムたちで、夏メイク・夏スキンケアを楽しんでみませんか?

筆者も実際に一部アイテムを使ってみましたので、使用感も含めてご紹介します!

機能性の高さ&使い心地の良さが最高「@cosme 上半期ベスコス」使ってみた!

今回「@cosme ベストコスメアワード 2022 上半期新作ベストコスメ」にて総合大賞1位に輝いたのは、定番商品のリニューアル商品であるファンケルの「マイルドクレンジング オイル」。メイクをしたことのある女性なら一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

また、現在業界全体の傾向としても、クレンジングカテゴリー自体が盛り上がっており、他のスキンケアアイテムよりも売上の伸びが多い結果となりました。クレンジングカテゴリーが伸びている理由の一つに、クレンジングの新たな用途として「メイクをしていなくてもクレンジング」するという新習慣が広がり始めたことも要因として挙げられます。

@cosmeが実施したアンケート調査では、約 5人に1人が「メイクをしない日でもクレンジング料を使うことが増えた」と回答。特に美容に関心の強い年代である20代、30代では、約4人に1人がメイクをしていない日もクレンジングをしているのだそう。

リニューアルした「マイルドクレンジング オイル」は、毛穴の角栓除去まで叶える新アプローチで、摩擦レスでするんと落ちる使い心地で、肌に優しいのに、メイク残りや角栓をすっきり落としてくれる最強の一本に。ウォータープルーフマスカラもするんと落ちるので、疲れている日も嬉しい! 日焼け止めやBBクリームをつけている男性にもオススメです。

「@cosme ベストコスメアワード 2022 上半期新作ベストコスメ」第5位となったのが、KANEBOの「カネボウ ヴェイル オブ デイ」。日焼け止めであり、日中用美容液であるという、イマドキのUVケアアイテムです! 「水相成分を約75%配合し、継続的に肌ヘ補水する」という、驚きの機能性で、さらっとつけられるのに乾燥知らずな一本。オフィスの冷房対策に悩んでいる方にぜひ使っていただきたい! 化粧下地としても使えます。

第7位にランクインしたのは、イヴ・サンローラン「ルージュ ヴォリュプテ キャンディグレーズ」。人気色である「No.2 ヘルシー グロウ プランパー」は、ノーカラーのリップです。リップクリームの様な使い心地で唇の保湿が出来るほか、唇をふっくらとさせるプランパー効果も。ツヤも出るので、下地としても上地としても使えるのが嬉しい限り。ノーカラーのリップをデパコスで…というのは、なかなか贅沢に感じそうですが、ノーカラーだからこそ間違いないアイテムを! 好みを選ばないのでプレゼントにもぴったりです。

今からチェック! 2022下半期ネクストトレンド5キーワード

蓄積されたそれらのトピックスや、@cosme STORE/@cosme TOKYO での売り上げ等の分析から、 ネクストトレンドを予測する 『cosme トレンド予測部』 をこの度発足しました。トレンド予測部メンバーは、クチコミ情報やユーザー調査を通して、最新の生活者動向を分析する @cosme のリサーチプランナー、日々お客さまと向き合っている店舗運営チーム、化粧品ブランドをはじめとする最新の美容情報に接している @cosme 編集部などから構成。発足1年目となる2022年下半期に話題になりそうな美容トレンドを発表しました。

■アンプルスティック

持ち運びしやすい棒状の美容液である「アンプルスティック」。常にトレンドを牽引している韓国コスメですが、韓国版@cosmeで今大人気のアンプルスティックが、下半期のトレンド予想に。くるくると回して少しずつスティックを出し、さっとつけられるので便利なアイテム。持ち運びにはもちろん、デスクや、ベッドサイドにおいていつでもケアを。

https://www.cosme.net/product/product_id/10217681/top [リンク]

■フリースタイル眉

ピンク眉など眉メイクにカラーを取り入れることが当たり前となった昨今。2人に1人が「流行よりも、自分に似合う形や色」であることを重視し、眉は自分らしさを表現するパーツに進化。「アナ スイ コスメティックス アイブロウ コンパクト」の「04あたたかなコッパー」は、柔らかい雰囲気を演出出来るピンクカラーです。パウダーでふんわりと眉を描いた後、クリームを塗布して眉毛の色まで変えることで、オリジナリティのあふれる眉毛に仕上げることが出来ます。最初は「こんなに色がついて大丈夫かな?」と思うかもしれませんが、使ってみると驚くほど自然。ヘアカラーをハイトーンにしている方はもちろん、ブラウンヘアーにもピッタリ。

https://www.cosme.net/product/product_id/10210441/sku/1094981 [リンク]

■だれでもコスメ

男性のスキンケア、メイクが当たり前となった今。トレンドも「ジェンダーレスコスメ」から「だれでもコスメ」へ。性別・年齢にかかわらず使える・似合うコスメに注目が。Fujiko(フジコ)の「全人類Lip」はその名のとおり、男女関係なくみんなが心地よく使えるリップ。見た目は赤く見えますが、手にのせてもほとんど色づきません。女子はすっぴんメイクにもリップのベースにも使えて、男子はメイク感なく血色UPと保湿を叶えられます。ティントの様に、バキバキの色に転ぶこともなく、ずっと自然な唇に。

https://www.cosme.net/product/product_id/10222163/top [リンク]

■リハビリから“リベンジ”へ

コロナ前のメイクに戻すための「リハビリメイク」がトレンドに。ノーカラーの口紅やほぼ美容液なファンデーションがベスコスにランクインしました。アジア最大級の化粧品専門店「@cosme TOKYO」の売上も過去最高を記録。特に、脱マスクにむけてチークやリップなどの“顔下半分”に使用するアイテムに注目が集まっています。「チークなんて久しく使っていない」という方も多いのでは?(筆者も)韓国コスメブランド hinceの「トゥルーディメンショングロウチーク」は自然な血色と輝き、ツヤをお顔にプラスしてくれるので、夏のゲッソリ肌にうってつけ。キラキラでテンションもあがります。

https://www.cosme.net/product/product_id/10173641/top [リンク]

■サステナ買い使い切れるミニサイズのコスメやエコ仕様の紙パッケージが続々と登場するなど環境に優しいコスメに熱視線が。ところで、皆さんは使い終わったコスメの空き容器、どうしていますか? 化粧品専門店「@cosme TOKYO」では、コスメの空き容器を回収するリサイクルボックスを設置中。プラスティック空き容器、ガラス空き容器、アルミ缶空き容器が回収対応で、7/31(日)までに空き容器をお持ちになり1点以上お買い物していただくと、アリィーの日焼けどめサンプルがもらえちゃいます。

実際に試してみると、「メイクはもっと自由で楽しくて良いのだ!」と新しい発見や驚きがたくさんあった「@cosme ベストコスメアワード 2022 上半期新作ベストコスメ」。そのほかのアイテムは特設サイトからぜひチェックしてみてくださいね!

「@cosme ベストコスメアワード 2022 上半期新作ベストコスメ」https://www.cosme.net/bestcosme/

※使用感などに関しては、筆者個人の感想です。

関連記事(外部サイト)