自然と眠りに落ちる“光のメトロノーム”と“香り”で目覚めるアラームクロック モダニティがフランス発のライフスタイル家電2製品を1月下旬に発売へ

モダニティは、睡眠と目覚めに関するフランス製のライフスタイル家電2製品を発表。1月下旬にロフト・イデアセブンスセンスほか全国の生活雑貨セレクトストアで発売します。

『Dodow』は、眠るのに最適な呼吸のリズムを整える“光のメトロノーム”。電気を消した部屋で使用すると天井にLEDの光が投影され、睡眠時の呼吸に必要なリズムで光が点滅する仕組み。点滅に合わせて呼吸することでリラックスでき、快適な睡眠へ誘導するとのこと。起動時間は8分と20分から選択が可能。販売価格は6980円(税込み)。

『センサーウェイク・トリオ』は、内蔵した音楽に加えて専用カートリッジから放散される香り、朝日の光をイメージした光の照射により目覚めるアラームクロック。香りは標準で付属するペパーミントに加えて、カプチーノ、ティーツリー、シーサイド、パイン・フォレスト、アップル&シナモン、フランスの思い出(ローズ)の計7種類をラインアップ。香りのカプセルはすべてフランス製で、天然製油から作られています。ひとつのカプセルで、30回分(約1か月)の使用が可能。本体価格は1万2800円(税抜き)、香りカートリッジは680円(税抜き)です。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)